石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
由美希賢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
由美希賢、一の名は濬、字は子善。原泉・混々齋又は水哉堂と號す。鎭西の人なり。前田
宗辰徴して文學となす。希賢幼...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田綱紀の紹述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
室鳩巣二人を以て翹楚となし、特に門下に秀頴を出せるは之を大書するの價値ありとすべ
し。その後延享年間に由美希賢あり。明和の末に伊藤嘏あり。鴇田忠厚あり。いづれも加
賀侯に登庸せられたる學士中の錚佼を以て稱せられ、...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
闇齋派 古學派 徂徠派 折衷派
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
排し徂徠を斥け、聖言を曲解して一世を脾睨せり。又加藤惟寅あり、伊藤東涯に從ひて古
學を受けたり。延享中由美希賢召されて金城に來る。希賢初め貝原益軒に學び、後に物徂
徠に從ひ、餘暇老莊浮屠より小説稗史に及ぶ。その群...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
乾乾樓詩會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
常に詞人墨客をその乾々樓上に會して、唐明の二調に私淑し、而して隆達自ら之が牛耳を
執りその間に翺翔す。由美希賢・横山政禮・不破浚明・中西尚賢・乾祐直等筆を載せて相
盍簪し、實に詩壇の登龍門なりき。隆達歿して後詩盟...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田重教
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田重教、字は道積、九皋又は以寛齋と號す。學を好み、詩賦に長じ、屢由美希賢・不破
浚明等をして詩を作らしむ。失題一生孰胥識。年富看猶征。嚢出二東方郭一。今屏二藩北
營一。爭忘二花...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
富田景周
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を結び、風交を爲すといへども、其の詩平板にして見るに足るものなし。父良鄰、字は徳
夫、終南と號し、詩を由美希賢に學ぶ。亦和臭を脱せず。景周幼にして宗家富田修和の養
ふ所となり、終にその統を襲ぎて祿二千五百石を食み...