石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
神農祭 萬歳 猿廻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ては藤内を惣じて隱亡と稱することありて、この萬歳も亦近郊の藤内より出でしなり。越
中二上村より出でたる猿廻が武家に至りて猿を舞はしむるも亦この月に在り。
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
七面祭 猿廻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
五月十九日、所々に七面祭を行ふ。この月、猿廻の城下に來るもの多し。
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
重陽 下馬の踊 七 面 祭 猿廻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
る。之を下馬の踊と稱す。葢しその地、天徳院の下馬札のある所なればなり。十九日所々
に七面祭あり。この月猿廻の來るもの多し。下馬の踊・餠搗廻り圖俳書四時碧所載下馬の
踊・餅搗廻り圖
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
吉徳の卒去と怪聞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、表御門之門松片方倒れ、其外御召之御馬七疋迄おち、依レ之於二江戸一御先代より無レ
之儀ながら、御馬屋え猿廻し罷出御祈禱相勤、其以後はおち申儀も無レ之由。其外御歸國
御道中にて、御迎鷹四五居(スヱ)おち候由。輕...