石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
狂歌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
富み、能く狂體の眞面目を發揮せり。鷄馬の門人亦多く、斯道の流行この時を以て絶巓と
すべし。その頃江戸の狂歌師芍藥亭長根、本名は本阿彌光恕、光悦七世の末裔を以て刀劔
鑑識を業とし、加賀藩の祿を食みしが、その金澤に...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
稗史
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
として禿筆を呵したるに止るべし。前節加賀藩に於ける國學の概況を述べたり。是より進
みて國文學者・歌人・狂歌師の系統及び傳記に就きて説く所あらんとす。史學者・故實家
及び雜學者に及ぶこと、亦尚前節の如し。
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
服部元好
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
たまはる』と詠ぜしに、帶刀は苦笑して更に米五斗を贈れりと。この譯普く坊間に傳ふる
所なり。然れどもこは狂歌師曉月坊が京極黄門より米一石を借らんとて、『曉月が師走の
果の空印地とし打こさん石一つたべ』と申し遣りし...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
狂歌師
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
此の時代に至りて狂歌を詠ずるもの甚だ多し。今その勝れたるものを擧げん。
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
西南宮雞馬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
が爲にして、別に革山人・託花園・東北齋・暖雪樓等の號あり。雞馬、蜀山人・宿屋飯盛
・鶴廼舍・窻之舍等の狂歌師と親交あり。嘉永の初金澤町會所の吏となる。門人頗る多く
、加能越三州に充つ。雞馬の詠ずる所洒脱にして、...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
一雀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の室歌種の玉藏、餘情庵多民の室玉榮、久保田玄仙の後室梅山、能登屋時告の母、瀬波屋
頼壽の母などは、女流狂歌師として同人間に翺翔したりき。鍋屋米積は、即ち國學者高畠
米積にして、雞馬門下に名を成し、畫人村東旭も亦...