石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
朝元三たび婚す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
享保十九年五月朝元は班を進めて物頭並となり、名を内藏允と改む。時にその領知五百八
十石なり。是より先朝元の妻は死したりしを以て、二十年十一...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
連りに祿を加ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ものを組頭並と稱し、側用人・御廣式御肘又は學校督學等の職に在るものゝ階級とす。朝
元は初め近習頭にして物頭並たりしもこゝに至りて側用人たりしなり。後四年を經て、寛
保元年二月遂に人持組に列して二千三百石の祿を賜...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
朝元の秩祿増進表
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
八十石同享保十九年正月十六日百石加増六百八十石同享保十九年五月十三日役料加賜六百
八十石、役料百五十石物頭並元文元年二月廿四日百石加増七百八十石、役料百五十石同元
文元年十二月二十日二百石加増九百八十石、役料百...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
青地禮幹の本多政昌に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
頭し、束髮の後傳藏と改稱し候。御徒組え入、夫より新番に移り、無レ程御大小將組に入
、遂に御使番並に成、物頭並より去々年組頭並、夫より人持組に被レ命候。日夜御側に相
勤、御寵遇重過し、去年以來は於二御國一も御政務...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
吉徳の歸城と病症
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
り罷上り、町同心出向、御大小將致二誘引一候而虎之御間え通し、町奉行出挨拶。其後政
所(二條吉忠室)樣附物頭並服部五郎左衞門、知る人に候故挨拶に出。夫より瀧之間に而
年寄中挨拶。畢而於二矢天井之間一、池田玄眞・中...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
富田彦左衞門等の專恣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
御用に任じ、十二月彦左衞門は祿八百石を増して二千石となり、忠左衞門は三百石を増し
て六百石を食み、共に物頭並を以て待遇せらる。然るに六年六月重教卒せしかば、彼等は
忽ち失脚し、忠左衞門は八月二十一日金澤に於いて...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
士人の處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
之趣有レ之、不埒之至候。御糺茂可レ被二仰付一處、其段は御用捨、本役兼役共被二指除
一、逼塞被二仰付一。物頭並、改作方御用上月四郎左衞門以義御手前儀、役向勤方不レ應
二思召一候に付、本役兼役共被二差除一、遠慮被二...
第一章 制度法規 第一節 職制
平士
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
在住今石動氷見城端支配新番頭御歩頭大組頭御持弓頭御持筒頭御先弓頭御先筒頭金澤御留
守居番江戸御留守居番物頭並聞番江戸御廣式御用御奧小將御番頭御奧小將横目御表小將御
番頭御表小將横目組外御番頭小松御馬廻御番頭御横...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
叙爵せざる年寄以下の拜禮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
皆一人宛出座し、太刀馬代を献上す。次に新番頭・歩頭・大組頭・持筒頭・持弓頭・金澤
留守居番・先手物頭・物頭並・奧小將番頭・表小將番頭・大小將番頭・定番馬廻番頭・組
外番頭・使番・臺所奉行・細工奉行・奧小將横目・...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
正月七日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は熨斗目・麻上下を用ひ、三ノ丸等の御番人は服紗小袖・麻上下とす。この日出仕したる
人持以下、組頭並又は物頭並以上の者大廣間に着座する時は、年寄の一人藩侯に代りて面
接す。蓋し年頭御禮の際即に藩侯に謁したるが爲に...
第三章 學事宗教 第一節 學校
寛政の職制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
裁又は學校主付といふもの年寄三人・家老一人、定火消人持組二人、學校頭又は學校方御
用といふもの物頭又は物頭並四人、横目たる平士三人、總裁席執筆たる歩士二人、學校頭
席に屬する與力二人、書寫役たる歩士二人、書籍出...