石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
牧童
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
北枝の兄を牧童といふ。立花氏、通稱研屋彦三郎、所居を帶藤軒又は圃辛亭と號す。亦金
澤に住して刀劒研磨を業とせり。俳諧...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
素然
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
元祿十六年牧童・支考合著の草刈笛亦刊行せらる。この書實は支考の撰集にして、牧童
單にその名を貸せるに過ぎざらんも、...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
芭蕪歿後の追悼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
なりしが、北枝は『きゝ忌にこもる霜夜のうらみかな』と吟じて之を悲しみ、次いで北枝
・萬子・巴水・ノ松・牧童・三十六・塵生等皆追悼の句を送れり。此等載せて路通の芭蕉
行状記に在り。又八年正月その百日忌には、越中...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
三十六 友琴 文志
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
列するを以て見れば、地方の貞門は必ずしも純粹の貞門たらず、檀林亦決して潔白の檀林
にはあらざりしなり。牧童が宗因の風流を慕ひしといふも然り、北枝も然り、句空も然り
、萬子も亦然り。皆常に新興の俳風に注目を怠ら...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一たび遊杖を曳くに及び、溪泉悉く低きに就きて巨流を成すの感あり。北枝といひ、凡兆
といひ、句空・萬子・牧童・秋の坊等の俳雄、一時に勒な並べて競進したるもの、何等の
偉觀ぞや。既にして支考・乙由等の足跡を印する...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩佛の詩行脚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。その人を誰とかなす、曰く大窪行詩佛是なり。詩佛は文化・文政を頂點として、一時盛
譽を詞壇に馳せ、走夫牧童もその名を知らざるものなかりし詩家にして、享保以後の作者
が多く明の七子の餘習を受け、剽窃模倣を以て能...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
楚常
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の集は後人假に題して楚常手向草と稱す。楚常の死に對して、北枝は『來る秋を好けるも
のを袖の露』といひ、牧童は『月薄もし魂あらば此あたり』といひ、一笑は『うそらしや
まだこの頃の魂祭り』といへり。楚常『川端にあ...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
乙州の來杖
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
察すべし。元祿二年芭蕉の來杖せしとき、乙州亦偶金澤に在りて松玄庵の雅會に列し、翌
三年七月十七日芭蕉が牧童に與へたる書に、『大火の跡いまだ萬々心も靜なるまじく被レ
存候。されども頃日乙州參り候而、又々會なども...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
支考の行脚 宇中
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を訪ひ、加賀に入りて山中・大聖寺・金澤に巡遊するや、その能文と能辯とは、直に桃妖
・厚爲・句空・北枝・牧童・萬子・小春・秋之坊等を、悉く藥籠中のものたらしめしが如
し。さればそこの花の序文に、萬子元祿辛巳五月...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
凉莵乙由等の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
支考と時を同じくして、元祿十六年伊勢の涼莵杖を金澤に曳くや、萬子・北枝・牧童・里
臼・從吾・長緒・八紫等皆之と交り、同國の乙由も來り會せり。既にして涼菟は乙由と相
携へて山中に赴き...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
庵號の繼承
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
なり。幾曉の闌更門にして雲蝶の幾曉庵を受け、鹿古の同門にして馬來の園亭を冐し、松
菊村井氏が同門にして牧童の圃辛亭を繼ぎ、李下和泉屋が馬來の柹丸舍と蒼虬の槐庵を受け
たる、皆この類なり。次に闌更・蒼虬・梅室三...