石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
羽黒成實
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
左に録するものゝ如きは、拙劣澁晦固より見るに足らずといへども、その儒術の發露にな
れるもの、亦以て其の爲人を證すべきなり。元旦今朝七十二年春。日暖天晴心亦新。自レ
古難レ全二忠孝事一。唯仁斯已報二先人一。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
奧村尚寛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、その總奉行を命ぜられ、計畫する所多かりき。時に讃岐の人溪世尊加賀に來り、紫陽の
説を唱ふ。尚寛世尊の爲人を信じ、禮を厚くして存問し疑を質す。所謂百年談はその俗牘
なり。尚寛平生自ら書を著し、矻矻として筆削し...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
秋の坊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一日さしむかひて物いはねど、物いふ歌舞のあそびにもまさりぬ。』といへるによりて、
二人の交情と秋の坊の爲人とを知るべし。享保三年正月四日寂す。法號を寂玄院日明とい
ひ、蓮昌寺内に葬る。世に傳へて『正月四日よろ...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
麥水
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に之を傳へんが爲接近するの要ありたるによるといへり。麥水の風貌に關しては、坂井一
調の根無艸に、『其の爲人は怜悧にして、即興の文章頓作の夜話、雜談言語の頓智、實に
秋の夜の長きも、貴賤高位の雜居といへども、樗...
第三章 學事宗教 第七節 書道
淺野屋秋臺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を著し、茶事に堪能にして啓沃軒隨筆を遺し、詩を作り戲畫を描けり。貫名海屋の北遊す
るや、秋臺を見てその爲人を愛し、歸東の後之を招きて名を爲さしめんと欲したりしも、
秋臺は遂に辭して往かざりき。海屋常に秋臺を呼...