石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
加賀越前二藩農民の爭鬪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
年三月朔日吶喊して河原山の山上に群至し、銃丸を放ちて脅威せり。河原山の民乃ち之に
應じオリノ峰に出でゝ爭鬪し、二口の新四郎・四郎三郎及び河原山の岩等之に死せり。是
の事ありて後、加賀・越前の兩藩は、共にその領...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
擡頭して之を倒さずんば已まず。朝元が失脚の理由實にこゝに存し、藩臣の要職に在る者
、政權與奪の爲に反目爭鬪すること、亦この頃より頗る露骨となる。吉徳卒去の後、宗辰
・重熈・重靖・重教皆壽ならず、治績の擧らざる...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
利家の鳥越城攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は、大風一過して波濤忽ち靜かなる能はざるが如く、加賀・越中二國の境界線に於いて、
常に前田・佐々二氏の爭鬪を絶つことなかりき。天正十二年十月十四日利家は、曩に成政
の爲に奪掠せられたる鳥越城を回復せんと欲して...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
利家安全地帶に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
攻め、四國を屠り、然る後徐に利家年來の厚誼に報ぜんとは欲したりき。而してこの間利
家と成政とは、常に小爭鬪を繰返したりといへども、之を要するに何等大局に關する變化
を生ぜしことあらず。
第一章 制度法規 第三節 司法
追放
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
惡の徒をその領内に置くを欲せずして追放に處するときは、他領の治安を害するの憂ある
を以て之を禁じ、啻り爭鬪して互に相傷つき、若しくは武士にして罪状により追放するを
便とする場合はこの限にあらすとせり。是を以て...
第一章 制度法規 第三節 司法
切腹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
士人にして士人たるの名譽を毀損せざる範圍に於いて國禁を犯し、その罪死に當るときは
切腹を命ぜらる。爭鬪にあらずして人を害したるものも、亦切腹を命ぜらるゝことあり。
陪臣も之に同じ。
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
星祭 花揃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
この萬燈は士家・町方共に造り、日暮るゝ時は犀川・淺野川に至りて河中に流す。而して
各團體途上に衝突し、爭鬪の結果萬燈を破壞し、傷害を負ふもの頻々として起る。この日
東西本願寺別院に花揃と稱し、立花・生花數百千...