石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
灰吹銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
七年加賀藩に於いて灰吹(ハイフキ)銀を製せしめ、從來封内に通用したる極印銀に交へて
之を通用せしめき。灰吹銀は俗にこまがねと稱し、又きりかねともいへり。この銀は、錢
貨を用ふべき少額の取引に用ひたるものにして、...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨の實際流通
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
所ありしといへども、こは單に幕府の意を禀けて之を下達したるに止り、事實に於いては
封内に於いて吹立たる灰吹銀の切かねを以て小額の取引に當て、若しくは上代よりの慣習
に隨ひて、米穀等を交換の媒介となしたるが故に、...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
能美郡天秤職
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
屋の由緒帳に、『元祖源兵衞、小松大文字町に居住仕、丹羽五郎左衞門殿より能美郡天秤
職被レ命。金銀包賃並灰吹銀吹賃等被レ下レ之。太閤秀吉越中出陣の時御宿陣。利家公の
御宿も相勤。利長公御代、先規の通能美郡天秤職被...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
知知見銀花降銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
慶長九年閏八月七日前田利長令を商賣に下し、賣買には、主として知知見銀を用ひしめ、
若し灰吹銀を用ふる時は、時價を以て秤量換算して通用せしめたりき。こゝにいふ知知見
銀の制は明かならず。同十六年利...