石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
深山安良
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
深山安良、通稱加右衞門、字は孟明、壺峰又は陸渾と號す。越中今石動の人、初めその地
に於いて藩士篠島氏の騎吏とな...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
闇齋派 古學派 徂徠派 折衷派
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
史に及ぶ。その群書を綜覽して博識宏通するを以て、國卿横山隆達大に之を尊信せり。次
いで寛延・寶暦の際、深山安良の家を擧げて中越より金澤に移るありき。安良博覽強記、
天性特に詩に長じ、格調雄偉構想雅馴、藝苑の士一時...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩風の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
にあらざりしといへども、今日より之を觀れば彼が先見の明實に賞讃するに餘ありといふ
べし。寶暦の頃に至り深山安良あり。その作る所莊典を尚ばず、力めて贍麗豐蔚、朱明の
格調を襲蹈す。一時藝苑の士翕然として之に靡き、加...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
小瀬良正
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
氣習を全醒するに至らず。獨良正の作に至りては、眞に所謂詩人の詩にして、前に比すべ
き人なく、後に纔かに深山安良の接踵するあるのみ。只その文は則ち多く見るを得ず。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田重熈
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前田重熈、字は緝甫、尚古堂と號す。深山安良等に品題を賜ひて、詩を作らしむ。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
臼田香
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
有餘年。程朱を排し、徂徠を斥け、最も能く論語を談ず。その詩は則ち神氣雄翥筆端靈活
。嘗て金澤に來寓し、深山安良等と風交あり。論語概論を著す。醉後作永夜清樽麯米春。
醉後伏櫪臥二沙麈一。三千年後通二三代一。六十州中...