石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
時宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藩内に於ける時宗の寺院には、唯一の玉泉寺あるのみ。玉泉寺はもと越中富山に在りて
禪寺といひしもの。その社殿に菅公を祀りしを以て、前田利長之を崇敬して慶長十六年高
岡に移らしむ。利長の薨後...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
社寺の月次連歌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
社寺に在りては、連歌の興行を恒例とし、以て神慮を慰むるもの漸く起る。寛永六年利常
、金澤淨禪寺を玉泉寺と改め、寺僧其阿南水に命じて月次連歌を奉納せしめ、連歌料十二
石を下賜し、明暦三年利常亦菅廟を...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
游行上人の巡錫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
や、必ずこゝに淹留して布教するを例とせり。而してその事の文献に見えたるは、寛永五
年に第三十五世法爾が淨禪寺に駐錫したるを初とし、寛文十一年には第四十二世南門來り
て玉泉寺に居り、元祿元年十一月には第四十三世尊...