石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
凉莵乙由等の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
支考と時を同じくして、元祿十六年伊勢の涼莵杖を金澤に曳くや、萬子・北枝・牧童・里
臼・從吾・長緒・八紫等皆之と交り、同國の乙由も來り會せり。既に...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
千代傳の疑問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
々々とて明けにけり』と詠じたりとの譚、亦續近世崎人傳の記する所なるも、下五文字を
『寢入りけり』とする涼菟の作を混じたるなりとは、近世奇跡考の道破する所とす。『寢
入りけり』の作者亦二人あり。涼菟のものは安永...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
秋の坊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
傳へて『正月四日よろづこの世を去るによし』の句を秋の坊の辭世なりとするは、正徳二
年板布遊かたに伊勢の涼莵が諷竹追善の爲にせる吟として載する所なるを以て誤とすべき
も、秋の坊が忌辰正月四日なることは蓮昌寺の過...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
素然
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
歸路又加賀を經しこと言ふまでもあらず。寶永五年宇中京に上り、仲秋雙林寺中閑阿彌亭
に俳筵を張り、支考・涼莵・吾仲等を招き、而して支考は之が句評を試みたりき。乃ち宇
中が小松俳人の那谷の花を詠じたる一卷に批評を...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
麥水
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
茫漠として捕捉すべからざるを慊らずとし、乃ち伊勢派の風調を慕ひてその地に赴き、乙
由の教を曾道に聞き、涼菟の傳を秋至坊に受け、乙由の子麥浪より麥水の號を受けて歸る
。延享三年麥浪の金澤に遊ぶや又麥水の四樂庵に...