石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
津田孟昭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
津田孟昭は正眞の子なり。老後の名は義門。仙令と號し、その居を嘉樂亭又は温故齋と名
づく。食祿一萬石。人と爲り倜...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
寄合政治の改善
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に參加する所の老臣八人ありて、本多政長・長連頼・横山忠次・小幡長次は大事を決し、
前田孝貞・奧村庸禮・津田孟昭は交番して尋常の國政を視、今枝近義は多く江戸の事を執
り、各政務を分掌すると同時に又互に合議知照を要す...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
放たしめき。是に於いて奧村庸禮・奧村悳輝・古市務本・今村正信・原元寅・青地齊賢・
青地禮幹・奧村脩運・津田孟昭・葛卷昌興・小谷繼成・淺加久敬等の藩士蔚然として學に
興り、絃誦の聾日夜耳に絶ゆることなかりき。若し夫...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
五十川剛伯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
册を撰す。皆舜水に聞く所を輯せるなり。剛伯の才學平岩仙桂と相伯仲し、一時國卿大夫
本多政敏・奧村悳輝・津田孟昭・木多政冬の輩其の門に遊ぶ。故に花晨月夕の雅會高宴、
剛伯その詩柄を執りて之を可否せざるなく、會稿の序...