石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第四節 交通
江戸出府の日程
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・高田・牟禮・坂城・追分・板鼻・熊谷・浦和とし、第十三日に於いて江戸に着せしこと
あり。稍日程を變じて津幡・高岡・魚津・泊・糸魚川・高田・牟禮・坂城・小諸・坂本・
本庄・上尾・江戸とせしことあり。津幡・高岡・...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
津幡の軍議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
既にして村家津幡に至りて軍を調ふ。世子利長は松任城に在りしが、又來りてこゝに會せ
り。津幡の城將前田秀繼・寺西秀則等利...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
製箔工場の統一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
錫箔及び金銀直し箔共に左助をして取締らしむることゝし、箔屋伊助・越中屋武助・木屋
嘉助・山屋伊右衞門・津幡屋勘七に棟取と稱して左助を輔佐すべきことを命じ、民間の密
造者を檢擧する爲には足輕杉山五兵衞・加藤彦左...
第六章 經濟交通 第四節 交通
加賀能登の主要道路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
入り、北は加賀の倶利伽羅より越中の今石動に出づ。その距離凡べて十八里三十五町と稱
せらる。北國街道中の津幡より分岐し、二里二十四町にして高松に達し、更に一里三十四
町にして能登の今濱に入る。今濱より北して羽咋...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
成政の退却
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
へて敵の逆襲を待ちしかば、成政は利家の軍事に長けたるを感じ、戰を交へずして軍を班
せり。利家或は成政が津幡城を襲ひてその餘憤を漏らさんことを恐れ、遙かに之に尾して
彼が行動を監視せしに、成政は津幡に注目するこ...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
一向宗東派の寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寺の觸下八十八ヶ寺、長福寺の觸下七十一ヶ寺、本誓寺の觸下百六ヶ寺、妙嚴寺の觸下二
十八ヶ寺あり。その他津幡の弘願寺は、本山直屬として特別の地位に立てり。上記の中、
專光寺の草創は明らかならず。初め石川郡大額に...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ノ 島大崎利 屋 町太田潟 端 新南 中 條北 中 條五 反 田中 須 加中橋川尻加 賀 爪庄
清水津幡淺田杉 ノ 瀬倉見荒屋七野竹 ノ 橋富田別所大坪假生材木明神谷内井ノ河内淺
野 谷淺野深谷谷山榎尾俵...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
前田氏の配備と末森城
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
間も頗る緊張せしものありしは事實とすべく、當時前田氏側に在りては、前田秀繼・利秀
父子を越中往來の要衝津幡城に置き、目賀田又右衞門・丹羽源十郎を國境鳥越城に置き、
村井長頼・高畠九藏・原田又右衞門を同じく朝日...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
秀吉の北征宣言と利家の準備
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
べき喜悦の情の躍動するを見る。次いで十七日、利家は能登の配下諸將に牒し、在七尾の
前田安勝を除く外悉く津幡に集合して軍令を待たしめき。尚以藏助越前ニ有レ之むすめ被
二送返一候。然者彌無事などゝ云事曾以無一之候...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
前田利秀歿す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
今石動の城主前田又次郎利秀歿す。享年二十六。利秀初の名は利次、利家の弟秀繼の男な
り。利秀初め父と共に津幡城に居り、天正十三年また共に今石動に移りしが、同年秀繼の
木船に轉じたる後は、獨り留りてこの城を守り、...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
天文中初めて文献に見はる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
き部落なかりしものゝ如し。何となれば廻國雜記を見るに、道興准后がこの國を旅行した
る際、野々市にても、津幡にても和歌を詠じたるに拘らず、金澤に就きては一も之を遺さ
ゞりしを以てなり。而してその確實に金澤の名稱...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
明和五年)、越中立山岩峅寺諸堂爲二修覆一萬人講十三會、川之(金澤)上春日於二社頭
一興行。芦峅寺同斷、津幡於二弘願寺一興行。但札渡銀子受取渡所は於二觀音町壽經寺一
取唀。御用番山城守(横山隆達)殿御聞屆。十二...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
備荒貯蓄と窮民激増
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
中)福田組六家。同郡能美組池尻。新川郡三日市。同泊町。同滑川。能美郡(加賀)小松
。石川郡松任。河北郡津幡。口郡(能登)大町。奧郡宇出津。射水郡(越中)小杉。射水
郡下村。射水郡加納。〆拾三ヶ所改作處手合之御...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
連累の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
次第にて、既に今度越中筋之窮民共所々に致二屯集一罷在候内、御城下迄も罷越可レ及二
歎願一勢ひ有レ之處、津幡・石動邊迄も夫々役人指出取鎭有レ之由。又は石川・河北之貧
民共も、多御城下え罷出歎願におよび候儀有レ之...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
前田直躬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩の典故に通じ、最も和歌を好み、大納言冷泉爲村の門に入り、屢秀逸として褒詞を
與へらる。時に河北郡津幡に冷泉爲廣の墳と稱するものあり。荊棘に埋ること二百五十年
、人之を知るものなし。直躬乃ち明和三年を以て...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
雲蝶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
庵を出で、越前より加賀に入り、桃妖を山中に訪ひ、千代に松任に會し、水無月十八日金
城に入りて希因を見、津幡の見風と交る。次いで能登路を經、越中高岡に新年を迎へ、正
月二十八日再び金城に遊び、三月十八日龍國寺に...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
見風
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
見風は河合氏、名は理右衞門、河北郡津幡の人にして、後草庵を金澤並木町に結ぶ。俳諧
を希因に學び、枝紅・枝鴿・雪鬼窟・花中仙・南物籬・白達摩・...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
淨寺珠洲郡鵜島村地子地大行寺珠洲郡馬緤村地子地一向宗東派寺院直寺東末寺金澤安江木
町拜領地弘願寺河北郡津幡村拜領地觸頭專光寺金澤田丸町拜領地專光寺觸下常徳寺金澤泉
野寺町地子地林幽寺金澤泉野寺町地子地本淨寺金...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
改作法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
つよく成立候樣、常に心にわすれまじくもの也。二月廿一日(明暦三年)印(利常)射水
郡十村島村次郎右衞門津幡江村宅助〔河合録〕
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
備荒倉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・池尻、新川郡の三日市・泊・滑川、射水郡の小杉・下村・加納、加賀能美郡の小松、石
川郡の松任、河北郡の津幡、能登口郡の大町、奧郡の宇出津是なり。備荒倉扁額鹿島郡餘
喜村三宅秀雄氏藏備荒倉扁額