石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
泉滴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
泉滴、字は巨山、武藏の人なり。嫡宗田承に師事し、その寂後房州長安寺を領す。曾て徳
川秀忠の招に應じて登城説...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
利常夫人の逝去と天徳院の建立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
院を建てゝ菩提所とし、又遺骨を高野山に分かちて同じく天徳院を建つ。その小立野天徳
院は、洞家の哲匠巨山泉滴を延きて開山となし、高野山天徳院は密宗の棟梁堯盛坊覺雄を
して住持たらしめき。元和八年三月利光公(利常...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
天徳院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
秀忠の第二女なり。因りてこの地に葬り、翌九年大伽藍を傍に營み、夫人の法號によりて
天徳院と名づけ、巨山泉滴を關東より請じてこゝに住せしめ、寺領五百石を附して供養を
嚴修せしむ。この後夫人の遺骸は之を野田山に改...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
道印
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
晩年和泉に隱棲して蔭涼寺を開き、延寶八年正月廿八日八十八歳を以て寂す。天徳院に在
りては道印を開山巨山泉滴に嗣ぎて前住と稱し、第二世に置かず。その何の故たるかを知
らず。