石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
西町城内東照宮供米百貳拾石社僧東叡山常照院兼帶に付安住寺出雲寺最勝寺下裁許を勤む
梯天神社僧梅林院能美梯村拜領地社領百石觸頭西養寺金澤卯辰拜領地西養寺觸下安住寺
金澤泉野寺町拜領地藥王寺金澤泉野寺町拜領地...
第一章 制度法規 第二節 祿制
給人知行所附の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
知行所附之事加州草高能美一、三百四石五升四合徳久村免三ッ七歩草高石川一、二百
八十五石五斗大友村免六ッ三歩草高同一、百二十...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加賀藩領村籍天明六年より慶應二年に至る能美大杉赤瀬打木上江瀬領日用荒谷牧口西原
粟津井口白 山 田小 山 田津 波 倉木場三谷蓮 代 寺符津矢崎...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
版籍奉還の出願
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
版籍之儀者一應取調可二差出一之旨被二仰出一候事。巳二月(明治二年)行政官〔版籍御
返上等之卷〕○加賀國一、高七萬五千七拾石貳斗貳百六拾八ヶ村石川一、高拾六
萬六千九百四拾五石九斗八升參百貳拾八ヶ村能...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
菟裘を小松に營む
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して急げり。御家中の侍屋敷御繪圖に任せ割符有ける故、町中も建替り、梯(カケハシ)も
公領橋(九龍橋)も上へ少宛上て懸直る。寛永十七年六月十日江戸御發駕有て、東海道
より小松へ入城也。光高公よりは箱根まで御...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
地震
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るべからず。案ずるに藩治の初、天正十三年十一月廿七日越中に大地震ありて、餘震二十
九日の夜に及び、礪波木船城崩壞して全く舊態を失ひ、城主前田秀繼以下多く壓死し、
寛永十七年十月十日には加賀大聖寺大に震ひ、...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法實施
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利常の初めて改作法を施行したるは、慶安四年五月石川・に於いてせるに在り。
蓋し農民の最も強硬なるもの、領内加賀・越中を最とし、而して二國の中に在りて...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
潟流毒事件の眞相
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
次に潟流毒事件の眞相は果して如何。前にも述べたるが如く、埋立工事に從ふ者が石
灰若しくは油を湖中に投じて...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
眞言宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
屬するもの二十八ヶ寺、波着寺に屬するもの六十五ヶ寺を數へ、明王院は越中にのみ觸下
を有したりき。而しての長樂寺・鳳至の寶泉寺・珠洲の法住寺は古刹たる故を
以て、羽咋の安養寺は戰國の豪族得田氏の守...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
手代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
いひしものにして、十村の使役する所とし、場付手代・納手代・内手代の三種あり。場付
手代は金澤に居住し、奉行支配たること番代に同じく、之を場付と稱するは御算用場内
なる御所に附屬するものたるが故なり。場付...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
寛永の市區改正と宅地の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りて又少しく變更し、十二年の災後に至りては更に大に町割を改めたりき。金屋町を後の
下材木町より淺野川の方に移し、紺屋町を後の上材木町に移しゝもこの時にあり。凡そ
市内の宅地は、その性質に從ひて武士町・町地...
第五章 殖産製造 第一節 農業(上)
白山々麓の太閤檢地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
秀吉の施行したる檢地は、慶長三年に於いて越前に及び、同時に能美白山々麓の十六村
に及べり。この地は當時青木紀伊守秀以[初名一矩]の所領に屬し、地勢によりて自ら東
谷と...
第一章 領主及び領土
慶長以降
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
重は小松に移りて八萬石を加へ、松任と共に十二萬石の主となれり。三年四月前田利家退
隱して、加賀の石川・、能登の口中一萬五千石、越中射水氷見庄、合はせて
二十六萬石を養老封とし、利長家を襲ぎて越中...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
潟の埋立新開出願
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
潟は五兵衞の居村宮腰をに去ること里餘に在りて、巨浸漫々周回六里餘に達す。五
兵衞乃ち以爲く、この湖...
第一章 制度法規 第二節 祿制
寄親附與力の知行所付の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
知行所附之事草高石川一、十五石二斗六升竹松村御印免四ッ三歩六石五斗六升二合定納
草高一、十一石三斗一升五合今町村御印...
第一章 制度法規 第四節 租税
の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一、八萬九千五百二十八石五升五合御印高並新開本田直り手上高共内八千七十二石
九斗三升五合檢地引高百...
第三章 學事宗教 第八節 科學
有乂の後系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て出納の事務に任じたる御算用者多く、城内勤仕の御坊主中にも門下より出でゝ立身した
るもの尠からず。石川大野の人に喜多勇松あり。その師承を詳かにせずといへども瀧川
系なるが如く、文久二年喜多川五郎右衞門孟敦...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
山林の下苅特許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
生活の維持を謀るに至りたりき。寶永三年四月十村等の書上に、『金澤刀鍛冶共年々困窮
致し及二迷惑一に付、菱池御林、上山・袋・市ノ瀬御林、小竹御林、田屋御林下
刈被二仰付一、御役銀毎歳可二指上一旨相願。...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
改作奉行の變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
人を増し、元祿に至りて十人と成り、爾來連綿として變ずることなかりき。然るに文政四
年の改革によりて、御奉行と改作奉行との職務を混じ、奉行改作方兼帶の名義となし
、石川・以外の各に出役所を設け、...
第五章 殖産製造 第四節 林業
七木の制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・栂・槻・桐・栗の外に唐竹とし、加賀に在りては寛文六年松・杉・樫・槻・桐・唐竹と
せり。而して越中新川は加賀の唐竹を缺き、同國礪波・射水は能登の栂・樫・唐竹を
缺く。之を以て中期以後の法令に五木七木と連...