石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第九節 兵學
河野通義
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
河野通義、通抄を久太郎といひ、藩の老臣長氏の與力河野三郎左衞門の子なり。通義夙に
河島流及び自得流の火箭術に長...
第三章 學事宗教 第八節 科學
天文暦法及び測量
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
するものを見、老臣長氏の醫明石昭齋、横山氏の醫津田隨分齋の如きは、蘭書によりて天
文・舍密の學を習ひ、河野通義・加藤九八郎等は天文暦數の事を聽けり。次いで藩士河波
有道は、安政五年江戸に至りて蘭學を村田藏六に學び...
第三章 學事宗教 第八節 科學
遠藤高璟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に達したるを以て、家を男高朗に讓れり。高璟平素洋學者と親しみ、殊にその徒を庇護す
る所あり。西村篤行・河野通義・加藤九八郎・三角風藏の登庸せられたるもの、皆高璟の
推輓によるといふ。元治元年十一月二十一日歿す、享...
第三章 學事宗教 第九節 兵學
青山知次と黒川良安
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を藩醫たらしめき。良安は蘭書を解したるを以て、西洋兵學を知らんと欲するもの亦之に
就きて學ぶもの多く、河野通義・加藤九八郎等一時皆その門に集れり。而して知次と猷と
の二人は、かくの如く相頼り相助け、以て藩の武備を...
第三章 學事宗教 第九節 兵學
壯猶館創設
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
置けり。壯猶館は大橋成之の畫策したる所にして、最初の棟取も亦成之自ら之に當りしな
り。然れども成之及び河野通義・加藤九八郎等は、軍に先進の説に聞きて銃炮火藥若しく
は炮臺築造に關する一般知識を有するに止り、自ら蟹...