石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 大聖寺藩治一斑
汽船建造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
大聖寺藩が太政官の許可を得て琵琶湖に汽船を浮べたることは、同藩の成せる文化事業と
して最も見るべきものゝ一なり。藩が之を出願したるは明治元年九...
第三章 學事宗教 第一節 學校
鉤深館
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して、藩士大坪岩次郎(後改世愼)・河越良輔(初内山震太郎又は角良輔)と共に教授の
任に當らしめ、同時に汽船發機丸(後錫懷丸)を購入して實地の航海を練習せしむること
ゝせり。次いで慶應元年十月前田齊泰は汽船一隻...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
藩軍出征と長藩の歸順
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
能はざりしが、十二月四日に至り初めて四千餘人を船二十二艘に分乘して出帆せしめ、七
日には連恭も亦藩有の汽船發機丸に搭乘せり。然るに強風尚止まずして操舵意の如くなら
ざりしかば、連恭は十四日纔かに安藝國安藝郡江...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
加賀藩の軍費調達
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
四日更に糧米二千三百石・草鞋十七萬五千二百六十三足・空俵六萬九千五百二十枚を本營
に致し、その他藩有の汽船豐島形も官軍の徴發する所となれり。豐島形とは李白里丸をい
ふなるべし。錫懷丸も同じく徴せられしが、艦の...
第三章 學事宗教 第一節 學校
露國留學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藏六の塾頭となり、又長崎に遊びて語學を露國宣教師ニコライに受けしものなり。壽安乃
ち三年一月を以て米國汽船に搭し、横濱を發して函館に赴き、五月露艦エルマーク號に便
乘して浦鹽港に上陸し、渺茫千里の野を踏破して...