石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧鎖港の決行を促す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
たりき。是に因りて慶寧の志益堅く、六月五日遂に自ら閣老水野和泉守忠精に至りて建白
書を呈し、以て鎖港の決行を幕吏に促せり。その書に曰く、頃者處士横議し、往々天下の
法憲を犯し、敢へて殺戮を擅にするが如きは、そ...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
異常なる班軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利長がこの異常なる班軍を決行したる理由の、果して那邊にありしかは、古來不可解の問
題とせられ、前人爲に説を立つる者甚だ多し。而して...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長長重の和議成立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て、直に江州に入るべきを告げたりき。焉んぞ知らん、乾坤一擲の大快戰は、既に十五日
を以て關ヶ原に於いて決行せられ、この時東西の勝敗全く定れる後にありしことを。尚々
、るすの事たのみ入候。わざと申入候。小松表す...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
本多政重政務顧問となる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
して政局の表面に立つを肯ぜざりしを以て、元和二年利常は庶政を横山長知に委し、政重
の同意を得たる後之を決行せしむることゝし、且つ政重が家康・秀忠二人に謁見を許され
て、所謂日蔭者たらざるに至らば、藩内外の政務...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
豐臣氏の諸將擧兵の意を告ぐ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
長に送りて曰く、今や秀頼の齡漸く長じ、武將たるの器量亦備れり。卿速かに大阪に登り
て之を輔翼し、大事を決行し給ふべし。軍糧の如きは城中現に貯ふるもの七萬石、福島正
則の將に搬入せんとするもの三萬石、之に加ふる...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
綱紀その夫人を迎ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
余復身後を憂ふるを要せざるなり。汝余の意の存する所を忘れず、綱紀に勸めて事大小と
なく保科氏に諮りて後決行せしめよと。正之亦婚約の成れるを祝し、一日摩須姫とその姉
上杉綱勝夫人とを招きて宴を開きしが、正之の室...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
十村處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
左衞門以下七人の時務に慣れたるものを免じ、井上仁左衞門・富永權左衞門等をしてこれ
に代らしめ、遂に之を決行せしむるに至りしなり。而してその目的たる、固より農家一般
の惰眠を覺醒せんとする際、在來の十村等が新法...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
攘夷説と和親説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を充實するに在りて、軍備の充實は諸士をして西洋の火術を研究せしむるを先とし、之を
輔くるに農兵の徴募を決行すべし。若しそれ農兵の徴募によりて生ずる農事の減退を補は
んが爲には、代作人を雇傭せしめてその賃銀を藩...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
加賀藩の體度稍硬化す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は諸外國と交易を開始するに至りしが、文久二年に至り朝議一變し、十一月勅使三篠實美
を東下せしめて攘夷の決行を幕府に命じ給へり。將軍家茂乃ち命を奉じ、その手段に就い
ては之を明年將軍上洛の時まで保留し、一面諸侯...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
長藩の入京禁止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
にして攘夷を斷行せざるを以て、親征の典を擧げ給はんことを朝廷に請ひしに、天皇は先
づ大利に行幸したる後決行し給はんとし、八月十五日後齊泰を召し給ひしも、齊泰は之を
辭し奉れり。然るに薩藩は長藩の過激なるを喜ば...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧上洛の志を決す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
此の時に當り薩藩は幕府を佐けて攘夷を決行せしめんとするを主義とせしを以て、幕府の
京師に於ける信望漸く恢復し、朝廷との關係また緩和するに至りし...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の上洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
藩吏多くはその實行を欲せざりしを以て遲疑して未だ發途の期を定めざりき。因りて同志
等上書して速かに之を決行せんことを請ひ、大野木仲三郎も亦老臣前田土佐守直信に至り
て之を促せり。この時源藏は遽かに上申する所あ...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧の上洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
命を受け、且つ使者に對へて、守護の職は外舶襲來の難に備へんとするものなるが故に、
幕府にして先づ攘夷を決行するに非ずんばその職務を遂行する能はずといへり。加賀藩が
幕府の意に逆ひて事を爲せるもの前後此くの如き...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
加賀藩兵の葉原滯陣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
き士卒の飮むに任せて鋭氣を養へり。既にして一橋家の探索人澁谷誠一郎といふ者、加賀
藩の營に來りて夜襲の決行を要請したるを以て、藩兵直に之を容れて進撃の準備に着手し
たりしも、監軍淺香主馬は、新保驛に入れる浪士...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
慶寧の入朝と王政復古
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に歸國せんと欲すと。蓋し慶寧の意、元治元年長藩と連衡したるものは、彼を輔けて幕府
の爲す能はざる攘夷を決行せしめんとしたるに存し、徳川氏そのものゝ運命を左右せんと
する如きは夢にだに想はざりしなり。然るに長藩...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
政均暗殺の計畫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
義平の二人之に當れり。次いで八月二日義平・輔吉・茂助・賢三郎及び杏百太郎は、又悌
五郎の家に會して暗殺決行の期を本月六日又は七日の中に於いですべきことを議す。百太
郎は義平が文學の師杏敏次郎の子なり。五日沖太...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
暗殺の決行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
沖太郎と義平とは衆議の結果に基づき、八月六日朝政均の登城を窺ひたりしも、この日彼
は遂に出勤せざりしを...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
飢  饉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
なりといへども實は閑餘の玩好に過ぎず。且つ一たび失ふも他日購はんこと必ずしも困難
にあらず。宜しく直に決行して皇上赤子の生命を救ふべしと。是に於いて書畫文房具茗器
數百点を大坂に輸して之を賣る。管内の士民亦藩...