石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
道費
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を以て、便宜加賀藩のものと混同して前に之を記せり。今大聖寺藩に屬する寺院の名を掲
ぐ。眞言宗寺院慶運寺江沼郡大聖寺町醫王寺江沼郡山中村那谷寺江沼郡那谷村藥王院江沼
山代村慈光院江沼郡大聖寺町曹洞宗寺院實性院江...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
湯治と山中温泉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
みたるを知るべし。されば國人にとりては、山中温泉が固より一の遊樂地たりしことを疑
はざるなり。慶長七年江沼郡山中湯錢請取艮子事(銀)合七百目者右請取所如レ件。慶長
七年十二月廿日はひ(利長)在判山中百せう中〔江...
第五章 殖産製造 第一節 農業(上)
江沼郡の太閤檢地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江沼郡に於いても亦慶長三年檢地の行はれたることは、之を左掲の文書に徴して知るべく
、その奉行人は林傳右衞門尉...
第一章 領主及び領土
織田時代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加賀に在りては、天正三年織田信長の柴田勝家をしてこれを征せしめし時、阿閉貞秀に
沼郡を、堀江景忠に能美郡を與へ、又戸次廣正を江沼郡大聖寺に置きしが、八年に至り更
めて石川・河北二郡に佐久...
第一章 領主及び領土
前田氏の兩支藩分立
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
新川二郡に八萬石なりしが、萬治三年以降婦負・新川二郡十萬石となり、大聖寺藩は新川
郡四千三百餘石の外、江沼郡全部なりしが、また萬治三年新川郡の地を能美郡六ヶ村と交
換して、江沼郡と連接の地を有するに至れり。但し...
第一章 領主及び領土
大聖寺藩領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
大聖寺藩領が萬治三年以降江沼郡全体と能美郡中の一部となりしことは前に述べたる如く
なるが、その江沼郡は百三十四ヶ村にして高六萬五千七...
第五章 殖産製造 第四節 林業
江沼郡篠原
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江沼郡篠原・伊切等の砂地に松樹を植栽したるは、同郡小鹽辻の十村鹿野小四郎の努力に
よる。小四郎夙に殖産興業に...
第一章 領主及び領土
豐臣時代に於ける前田・丹羽・堀・溝口・村上諸氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
參千四百五拾四石九斗八升舟橋与城之橋間一、貳千百貳拾參石貳斗西方内一、八千六百九
拾壹石貳斗八升加州[江沼郡之内能美郡之内]以上拾八萬八百五拾石自分一、四萬四千石
江沼郡溝口金右衞門(秀勝)一、六萬六千石能美郡...
第六章 大聖寺藩治一斑
利治の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
者をしばり置て敢て出るも有、切殺し敢て行も有、御吟味有て捕へんとすれども知れざり
けり。或時下粟津村(江沼郡)の肝煎方へ押入て切殺し、家に火をかけ立退にけり。又或
時潮津村(同郡)の肝煎兵左衞門所へ七人忍び入所...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
鍋屋吉兵衞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
招致せられたる鍋屋吉兵衞は、父祖以來陶業に從事したるものなり。初代丈右衞門は寶暦
の頃の人にして、初め江沼郡の村吏たりしが、後製陶を事とし、大聖寺町に住せり。葢し
古九谷系の餘蘗なるべし。その子丈助は寛政の頃よ...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
江沼郡の陶業
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江沼郡に在りては元祿初年古九谷窯の廢滅せしより製陶のこと全く斷絶せしにあらざるも
、微々として不振の状に在り...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
江沼郡掉尾の快擧
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江沼郡の窯業は、古九谷窯を初とし、吉田屋窯に於いても、宮本屋窯に於いても、常に創
意發明に富みたりといへども...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
江沼郡の陶工
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
吉田屋窯以後に於ける江沼郡の陶工と畫工とに就きては、單に製品を遺せる外、殆ど傳記
の明瞭なるものなし。その最も優秀なる飯田屋八郎...
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
宮崎氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
木ノ新保に賜はり、明暦三年に歿したりき。この工人の名は、現に宮崎氏の系譜に傳ふる
ととなしといへども、江沼郡那谷寺塔婆の露盤なる寛永十九年の銘に宮崎彦九郎吉綱とい
ふ者あれば、恐らくはこれなるが如し。某の子に彦...
第五章 殖産製造 第四節 林業
江沼郡鹽屋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江沼郡鹽屋地内に在りては、天保四年より安政四年に至る二十五年間に亙り、海濱に長百
八十間の簀垣を作りて砂防林...
第五章 殖産製造 第四節 林業
江沼郡瀬越
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江沼郡瀬越村にありては、天保四年大聖寺藩より銀七貫二百目を借受け、之を以て砂防の
費用に當て、後毎年七百七十...
第五章 殖産製造 第四節 林業
江沼郡上木
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江沼郡上木地内に在りては、明和三年大聖寺藩の御郡所より數百の人夫を出し、その海岸
に長さ九百間の砂防垣を爲し...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
九谷金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江沼郡に九谷金山あり。茇憩紀聞に、『江沼郡九谷に、後藤が金掘の跡とて所々にあり
。其頃大聖寺町より引越、何ヶ...
第一章 領主及び領土
前田氏の三州統一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
康政を遣はし、利長が北國平定の功を賞して、丹羽氏の舊領能美郡八萬石及び石川郡松任
四萬石、山口氏の舊領江沼郡七萬石、前田利政の舊領能登口郡を加賜したりき。利政はこ
の役に徳川氏を援けざりしを以て封を除かれしなり...
第一章 領主及び領土
前田綱紀の所領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
六千六百貳拾貳石三斗八升七合。但三郡之内六千三百貳石四斗八升餘(三合)、依レ爲二
分限帳之外一籠高也。江沼郡百三拾四ヶ村、並能美郡之内六ヶ村、高七萬石除レ之。越中
國四郡射水郡貳百拾八ヶ村、高拾三寓貳百五拾六石...