石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第四節 交通
江戸三度飛脚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江戸三度飛脚の起れるは、既に江戸中荷持の特許を得たる後に在りしを以て、その營業を
妨害せざる範圍に於いて、書信及び...
第六章 經濟交通 第四節 交通
中荷持三度飛脚の合同
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・二十二日・二十六日を差立日に定むると同時に、在來の營業者たりし中荷持・三度飛脚
を合同せしめ、新たに江戸三度飛脚の名によりて取扱所を十間町に置き、九日・十九日・
二十九日を以て出發せしむることゝせり。その後果して新...
第六章 經濟交通 第四節 交通
早道飛脚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の利便を感ずるに至れり。而してその京都に向かふものに京都中使あり、江戸に往來する
ものに江戸中荷持及び江戸三度飛脚ありき。
第六章 經濟交通 第四節 交通
京都中使
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
都中使とのみいへり。この時中使は藩用の荷物三貫目以内を無賃輸送するの義務を負ひし
が、後江戸中荷持及び江戸三度飛脚と同じく一貫目に減ぜられたり。