石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
江守長順
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
江守長順、通稱左久馬、城陽と號し、釆地九十石を領す。幼にして努力衆に超え、古人寸
陰を惜しむの語に感じて、夜間...
第三章 學事宗教 第一節 學校
大聖寺の藩學 學問所
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
終に大聖寺藩の學制一斑を記さんに、この藩に於いては天保四年藩侯前田利平が、その臣
江守長順・竹内世絅等をして經書を書院に講ぜしめ、諸士及び子弟に是を聽かしめ、號し
て學問所といへるを以て、學政...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
竹内世絅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ること頗る深く、遂にその傳統を紹繼せり。天保十一年藩主前田利平の儒臣に命じて經書
を講ぜしむるや、世絅江守長順と共に會頭たり。その學最も經書に精通し、識見卓拔、一
藩の子弟翕然として之に嚮ひ、六代に歴事し四代に侍...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
平井元直
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
平井元直、通稱五郎左衞門、老して無入と改む。號は復齋。釆地八十石。元直江守長順
師として學び、頗る經史に通ぜしも、資性謙讓にして聞達を求めず。郡奉行・作事奉行を
經て、弘化元年六月...