石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
傳兵衞生胴青山將監附與力福岡惣助刎首定番歩士組小川幸三永世主人預入獄[年寄横山三
左衞門給人]野口斧吉永牢[人持組大野木將人給人]高木守衞永牢金澤町人淺野屋佐平
同心柴田喜太夫附籍駒井躋庵閉門青山將監附與...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
嫌疑者とその處分
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五兵衞・要藏・孫兵衞・市兵衞四人なるも、五兵衞と孫兵衞とは裁判進行中に死せるを以
て實刑を科せられず。永牢に處せられたるもの喜太郎・佐八郎・九兵衞・喜助・久次郎五
人なりとし、又未決中に死せるものは文右衞門・...
第一章 制度法規 第三節 司法
永牢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
死刑に次ぐものに永牢あり。亂心ながら主人に對して容易ならざることを申懸け、遂に公
事場に出訴したる者、不屆の所行ありたるを...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
内通者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
候儀は無レ之候得共、妹たみ方より内藏允え通路仕儀乍レ承、最初押隱罷在候段、不屆之
至訝躰に付、可レ爲二永牢一者に候得共、爲レ赦江戸京大阪御構追放代之刑三ヶ年禁牢之
上出牢。祖山村組合頭十左衞門右十左衞門儀、役...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
公事場の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
にし事件の落著を待ちたりしが、彼等も亦磔刑に當るといへども實刑を科せざることゝし
、喜太郎・作八郎は各永牢となり、喜助・久次郎・九兵衞も亦之に同じく、次いで同月十
三日要藏と市兵衞の處刑を宮腰に於いて執行せり...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
駒井躋庵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
慶寧の藩に就き同志皆捕へらるゝに及び、躋庵も亦在京の日過激の説に左袒せりとの理由
を以て、十月二十六日永牢に處せられき。御臺所附同心柴田喜太夫厄介駒井躋庵事柴田躋
庵右躋庵儀、不破富太郎等他藩附合之致二手引一...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
淺野屋佐平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
り。元治元年六月惣助の捕へらるゝに及び、佐平亦京都より檻送せられて公事場に繋がれ
、次いで十月二十六日永牢に處せられき。下堤町町人淺野屋佐平右佐平儀、身分を取失ひ
、彼是天下國家の議論をいたし、與力福岡惣助御...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
高木守衞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
人持組大野木將人の臣なり。守衞素より國學に通じたるを以て、勤王の志あり。元治の變
に座して十月二十六日永牢に處せらる。大野木將人家來給人高木守衞右守衞儀、小川幸三
等同樣過激之説を以て多く黨を集め、陪臣の身分...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
谷村直
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
幸三と共に告げずして海津に至り、時事を論じて重臣に迫りしが、其の言動地位に應ぜざ
るを以て十月二十六日永牢に處せられき。町醫師谷村直右直儀、身分に不レ應國事の議論
致し、彼是過激之体も相見え、且小川幸三等と相...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
其十二
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二萬石毎歳商候旨申聞候儀相見候由、前田久盛よりの沙汰書に相見候帳面相廻。且錢屋五
兵衞一件に付、喜太郎永牢にて存命の儀公邊より承、御呼立に相成候ては甚御面倒の筋有
レ之。右に付重て何とか御刑法を被二仰付一候て...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
京師の守備に任ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
け奉り、又天皇の元服し給ふに當り非常の大赦を行はれたるを以て、加賀藩にては元治の
變國事に座して流謫・永牢・禁錮等に處せられたるものを宥せり。
第一章 制度法規 第三節 司法
庶民の連座法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
避けしのみにして、法理上連座そのものを誤てりとしたるにはあらず。されば嘉永六年錢
屋五兵衞の子喜太郎の永牢に處せられたるは、五兵衞が既に牢死せしに拘らず磔刑の宣告
を得たるを以て、これに連座せしめられたるもの...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
高木有制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に仕ふ。有制田中躬之の門に入りて國學歌文を學び、明倫堂國學内用に加へらる。後元治
の變に國事に奔走して永牢に處せられしが、明治元年赦され、金澤縣學校係出仕・白山比
咩神社權宮司等となり、七年五月十六日歿す、年...