石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
永樂和全
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
永樂窯の工長たりし永樂和全は京都世襲の陶家なり。その父保全は木米と時を同じくし、
保全の紫釉は木米の黄釉と比肩して磁界の偉觀と稱...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
九谷本窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
づくるに九谷本窯を以てせし所以は、古九谷の最盛期を現出せんとするの希望に出でたる
なり。是に於いて陶工永樂和全を京師より聘し、素地を精良ならしめ、形状と著畫とに新
工夫を凝らしゝかば、その製する酒器・菓子器・茗器...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
九谷本窯の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て和全の山代に於いて作れるものには、於九谷永樂造又は大日本於九谷永樂造などゝ記せ
らる。或は河濱支流・永樂和全造レ之とあるものありと傳ふれども、實際之を見ることあ
らず。又永樂於大聖寺造之とあるは、恐らくは僞物な...