石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
總持永光大乘三寺法系の爭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
總持寺と永光寺とのその地位に就いて爭へることは、既に前に述べたるが如し。而して別
に藩内にては、總持・永光・大乘三寺...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
明媾和使の來着
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
賓待し、家康をして用梓を享侑せしめ、以て二十一日に及ぶ。尋いで諸將亦相代りてその
任に當れり。今鹿島郡永光寺藏に徐一貫の書あり。その語句によりて想像すれば、一貫之
を書して接待の任に當れる佛者に與へしものゝ如く...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
曹洞宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
恃める外、護國山寶圓寺・金龍山天徳院の頭寺として寺領を有し、各一方に雄視するあり
。而して羽咋郡の古刹永光寺は、金澤の淨住寺・石川郡の大乘寺と共に、皆草創の由來頗
る赫々たるものあるに拘らず、寶圓寺が藩祖前田利...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
三衣問題の再燃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀に在りては棟岳寺に隱居蟄居を、希翁院・金剛寺に寺外隱居を、傳燈院・廣昌寺に逼
塞を、能登に在りては永光寺に隱居蟄居を、洞光寺・萬福寺・蓮光寺に逼塞を命ぜり。こ
れ等は皆永平寺に黨したるが爲にして、殊に永光寺...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
大乘永光二寺の本寺決定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・大中寺は、諸國の曹洞宗寺院に通達して、各その所屬の本寺を申告すべきことを命ぜり
。是に於いて大乘寺と永光寺とは、共に五百年來無本寺たりしことを主張して、使僧を江
戸に發したりといへども、遂に關東三ヶ寺の容るゝ...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
明の媾和使接待の準備
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
(文祿二年)ちくぜん印(利家)出羽守(篠原一孝)殿種善坊(山崎宗俊)〔續汲古北徴
録〕徐一貫筆蹟鹿島郡永光寺藏徐一貫筆蹟
第三章 學事宗教 第十節 佛教
豐財院と血書大般若經
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
永光寺の門末に羽咋郡白瀬の豐財院あり。亦瑩山紹瑾の草創せし所なりと傳へ、本寺に藏
する血書大般若經六百卷は月...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
祐補
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
祐補、字は雲窓、能登酒井の人なり。永光寺に入りて下髮受戒し、承天寺に至りて虎溪正
淳に參し、遂にその衣法を附せらる。是より祐補は屢名刹に遷り、...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
領地豐財院羽咋郡白瀬村拜領地宗泉寺羽咋郡堀松村拜領地道興寺羽昨郡館開村拜領地龍護
寺羽咋郡酒見村拜領地永光寺鹿島郡酒井村拜領地寺領貳拾石良玄寺鹿島郡酒井村拜領地海
門寺鹿島郡太田村拜領地寺領參拾俵靈泉寺鹿島郡府...
第四章 美術工藝 第九節 鑄工
平井氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ね但馬守を受領し、その家系は家元・家長・家永・家次・伊永等相繼ぎたりしが如し。さ
れば鹿島郡餘喜村酒井永光寺なる五老峰の鐘銘には『萬治元龍集素秋如意珠日、冶工加州
泉野住平井但馬守藤原朝臣家長』とせられ、金澤野...