石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
春日山開窯の雄圖は久しからずして挫折し、金澤の製陶界將に凋零せんとせしが、文政の
中絶以後、幸に民山窯のあるに因りて、その命脈を保持することを得たり。民山窯の製品
は近く木米の遺範に基づき、遠く古九谷燒の...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
鍋屋吉兵衞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
民山窯の盛時に際し、小松より招致せられたる鍋屋吉兵衞は、父祖以來陶業に從事したる
ものなり。初代丈右衞門は寶...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
武田秀平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
民山窯を主宰したる武田秀平は、諱を信興といひ、秀平はその通稱なり。號は友月、別に
民山ともいふ。播州姫路の士...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山窯諸工
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
民山窯に屬したる諸工は、山上屋松次郎・任田屋徳右衞門・同徳次等、木米の系統に屬す
るもの多し。その中陶工たり...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
任田屋徳右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
祖述し、且つ初めて金澤に於いて金彩を用ひたりき。明治六年八十二歳を以て歿す。徳右
衞門の長子徳次、後に民山窯の畫工たり。
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
山田屋久録
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
民山窯に關係する所なかりしも、金澤に於ける同年代の工人に山田屋久録といふ者あり。
その著畫極めて精緻にして、...