石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
水戸浪士の上洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
左衞門一派の之と戰ふに及び衆寡遂に敵すること能はず、小四郎等那珂湊に退き、偶手兵
を率ゐて來り會したる武田耕雲齋と共に尚支持すること二ヶ月なりしも、同志の士或は殺
され或は出で降りてその勢益振はず、到底當初の目的を...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
耕雲齋貴重物を託す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二十一日降人武田耕雲齋、永原甚七郎等三將に請ふ所あるを以て面接せんことを求む。三
將これを諾し、本勝寺に至りて耕雲齋に會見せ...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
本多政均の經歴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は手兵を率ゐて中立賣門を守ること七晝夜に及びしが、十月に至り暇を請ひて藩に歸れり
。元治元年水戸の浪士武田耕雲齋等兵を率ゐて將に京に入らんとし途越前を過ぎしに、福
井藩の老侯松平慶永は援を加賀藩に求めて急に備へんと...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
石黒魚淵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に從遊す。弘化以後世子近習・改作奉行兼定檢地奉行・産物方・軍艦方等の職を奉じ、又
大坂留守居役となり、武田耕雲齋事變に南越に出動す。明治初年民部省庶務司准大祐とな
り、高崎縣小參事に轉じ、次いで明治二十一年一月伊勢...