石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
不破富太郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
分の二を廉太郎に給す。二十四年九月また富太郎の殉難を追賞して靖國神社に合祀し、十
二月十七日特旨を以て正五位を贈らる。富太郎最後の状も赤當時の手記によりてこれを窺
ひ見るべし。不破富太郎右不破富太郎儀、長藩等へ...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
千秋順之助
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
し、遺子堅次郎に原祿三分の二を給せり。尋いで二十四年九月靖國神社に合祀せられ、十
二月十七日特旨を以て正五位を贈らる。千秋順之助詩稿金澤市岸秀實氏藏千秋順之助詩稿
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
大野木仲三郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十月藩前罪を赦し、三年十一月祭粢料をその家に給す。二十四年九月靖國神社に合祀せら
れ、同年十二月十七日正五位を贈らる。
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
青木新三郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
赦し、三年十一月祭粢料をその家に給す。次いで二十四年九月靖國神社に合祀せられ、十
二月十七日特旨を以て正五位を贈らる。
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
小川幸三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
秩二分の一を給して、その後を襲がしむ。二十四年九月朝廷幸三を靖國神社に合祀し、十
二月十七日特旨を以て正五位を贈らる。幸三の妻は名を昌といへり。幸三就刑の前數日、
獄に至りて夫に代らんと請ふ。吏之を斥けて親族に...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
福岡惣助
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
景光]に原秩三分の二を與へて家を襲がしむ。次いで二十四年九月朝廷惣助を靖國神社に
合祀し、十二月十七日正五位を追贈せらる。
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
駒井躋庵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二年十月藩前罪を赦し、三年十一月祭粢料をその家に賜ひ、二十四年九月靖國神社に合祀
せられ、十二月十七日正五位を贈らる。
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
野村圓平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
棋を圍み、卒倒して後人事を省みず、慶應元年正月二日に至りて歿せり、享年八十二。後
大正十三年二月十一日正五位を追贈せらる。本朝の有難きは、神統開闢以來綿綿として無
二變遷一、今に至て天下益平安なり。先王の政は後...
第六章 大聖寺藩治一斑
神谷守政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
し利明嗣ぐ。之より内膳侯を助けて利用厚生を怠らず、偉績最も見るべきものあり。昭和
三年十一月十日内膳に正五位を追贈せらる。
第三章 學事宗教 第八節 科學
西村篤行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
製に從へり。天保六年五月二十一日歿する時年六十九。北陸略暦・皇和通暦補等の著あり
。昭和三年十一月十日正五位を贈らる。
第三章 學事宗教 第八節 科學
本多利明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十八。加賀の門人關貢秀等深く之を惜しみ、碑を河北郡傳燈寺の境内に立つ。大正十三年
二月十一日朝廷贈るに正五位を以てせらる。
第三章 學事宗教 第八節 科學
黒川良安
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
職を辭し、爾後世外に逍遙して風月を伴侶とせり。明治二十三年九月七十四歳を以て歿し
、四十二年九月十一日正五位を追贈せらる。良安天資磊落にして善く衆を容れ、雄辯快談
流るゝが如し。體軀強健老いて益壯、常に子弟を誨...
第三章 學事宗教 第九節 兵學
安達幸之助
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。官その死を悼みて賻を賜ひ、別に金百五十兩を與へて葬儀の費に當てしむ。後大正四年
十一月十日特旨を以て正五位を追贈せらる。安達幸之助肖像加越能時報所載安達幸之助肖