石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第一節 學校
外國教師の雇聘
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明治元年藩の軍艦奉行稻葉助五郎、私に學生神戸清右衞門・不破與四郎・黒川誠一郎・馬
島健吉四人を率ゐて歐洲に航す。次いで二年四月岡島喜太郎・佐野鼎・關澤孝三郎・吉井
保次郎・伍堂卓爾藩命によりて歐洲に派遣せら...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
横山氏の家紋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
陷りたるものにあらざるか。卍が梵語の所謂塞縳悉底迦(サバスチカ)にして、啻り印度に
於いてのみならず、歐洲諸國に在りても亦遠く史前時代より幸福の象徴として用ひられ、
基督教の久留子と何等交渉するものにあらず。...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
卯辰山の開拓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
工せられしものあり。之を金澤城東卯辰山の開拓となす。この年度寧は福澤諭吉が著した
る西洋事情を繙きて、歐洲に於ける貧民救濟と病院設備の状を記するを見大に感ずる所あ
り。乃ち卯辰山を開拓してこれを經營せんと欲し...
第三章 學事宗教 第八節 科學
本多利明
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
申渡す。同年七月十九日金澤え來著、貸屋に居住。』といふもの即ち是なり。是より利明
屢齊廣の諮詢に應じて歐洲諸邦の形勢を語り、又軍艦の模型を造りて之を城内二ノ丸の能
舞臺に陳列し、齊廣の爲に操縱の法を説けり。淹...
第三章 學事宗教 第八節 科學
伍堂卓爾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に入り、蘭人醫學教師マンスフエルトの教を受け、爾後職を長崎病院に奉ぜり。明治二年
三月卓爾藩命によりて歐洲に赴き、和蘭ユートレヒトに在りしが、その學ぶ所皆初等の普
通學にして毫も藩用を爲すに足らざるを思ひ、九...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
連城
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
子として生まれ、一向宗西派西勝寺慶應の門に入り、後周防都濃郡富田徳應寺を襲ぎて赤
松氏を冐す。明治五年歐洲を巡遊し、歸朝の後勸學に任ぜられ、遂に佛教大學長などの要
職に就き、大正八年臺灣に布教して疾を得、七月...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
白華
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て詩文を廣瀬旭莊に習ふ。十九年宗學を香山院龍温に修め、安政三年寺務を襲ぎ、明治五
年大谷光瑩に隨從して歐洲・印度に遊び、十年外國布教係として支那に赴き、十二年歸朝
、後自坊に遙及社を起して子弟を教養し、大正十...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
舜台
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
郷に歸りて眞憲塾を創立して子弟に教へ、次いで越中今石動の道林寺に住す。明治五年本
願寺大谷光瑩が印度・歐洲に巡遊するに從ひ、又本山寺務の廓清整理を事とし、大正十年
八十歳に至るまでに事務總長の重職に當ること五...