石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の略歴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
權中將に轉じ、慶長二年九月廿八日參議に任じ、同年十月富山城に移り、三年四月廿日利
家の封を襲ぎて從三位權中納言となり、金澤城に治し、四年十二月廿日權中納言を辭せり
。五年十月十七日に至り利長加賀・能登・越中三國を...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て、領土加賀・能登・越中三箇國に跨る海内隨一の國主に居り、朝廷の恩遇を得て利家の
權大納言たり、利長の權中納言たりしは、尚豐臣氏全盛の時に屬すとするも、利常・齊泰
の共に權中納言に陞り、綱紀・吉徳・治脩・慶寧の參...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家と秀吉の交情
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、十七年には左近衞權中將となり、十九年には參議となり、文祿三年正月五日從三位に叙
せられ、同年四月七日權中納言に進み、慶長元年四月從二位權大納言に昇り、二年三月十
一日清華に准ぜられき。而して利家の官位尚家康の下...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
利常の略歴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ぎ、十九年九月二十三日左近衞權少將に任じ、元和元年閏六月十九日參議に進み、寛永三
年八月字を九日從三位權中納言に上る。六年四月廿三日肥前守と稱し、諱を利常と改め、
十六年六月二十日致仕して小松城に居り、萬治元年十...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
盆正月
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
化二年二月十六日より十八日に至る三日間には齊泰の病癒えたるを以て、安政三年三月朔
日二日には齊泰の先に權中納言に任ぜられたるを以て、慶應二年七月廿六日廿七日には慶
寧の襲封して入部せるを以て、その他頻々として盆正...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
前田齊泰の略傳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
保二年十二月朔日參議に任じ、中將・加賀守を兼ね、十年十二月朔日從三位に叙せられ、
安政二年十二月十五日權中納言に陞り、元治元年五月十三日正三位となり、慶應二年四月
四日致仕せり。廢藩の後明治四年九月東京に移り、十...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
綱紀の圖書蒐集
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に傳はりたるもの、全く綱紀の力によること、その書函の裏書によりて之を知るべし。賀
州太守從四位下左近衞權中納言菅原綱紀朝臣。遺レ使請レ謄二寫當寺寳庫所用文書一。弊
寺感二其好古一許諾焉。終功之日。新造二書櫃壹佰一...