石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
横山隆達
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
横山隆達、字は好義、河内守と稱し、藍關又は學堂と號す。幼より學を勉め、博く經史に
渉り、詩を能くし、書に工なり...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
一興行。芦峅寺同斷、津幡於二弘願寺一興行。但札渡銀子受取渡所は於二觀音町壽經寺一
取唀。御用番山城守(横山隆達)殿御聞屆。十二月二日、能州富木大福寺萬人講十會、泉
野寺町眞長寺同斷四會、御聞屆。右富突、寳暦十年以...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
闇齋派 古學派 徂徠派 折衷派
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に學び、後に物徂徠に從ひ、餘暇老莊浮屠より小説稗史に及ぶ。その群書を綜覽して博識
宏通するを以て、國卿横山隆達大に之を尊信せり。次いで寛延・寶暦の際、深山安良の家
を擧げて中越より金澤に移るありき。安良博覽強記、...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
乾乾樓詩會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又國卿横山隆達あり。器識朗高、詩賦尤も老蒼なり。春花秋月常に詞人墨客をその乾々樓
上に會して、唐明の二調に私淑し、而...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
乾 祐直
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一。其律絶清婉。五律七絶尤佳。余東來所レ偶詩人。殆纍纍數。如レ是人。竟未レ易レ得レ
之。』と。祐直後に横山隆達の文學となる。著す所在岳楚語二卷・莊岳集あり。秋胡婦高
梧捿二彩鳳一。老松巣二白鶴一。纔遇二擧樂日一。...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
井上盛亮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
井上盛亮、字は文甫、九嶷又は鳳梧と號す。乾祐直の門に遊ぶこと十餘年。盛亮横山隆達
の乾乾樓の詩會に臨むときは、老儒先生といへども時に舍を避くることあり。尤も律體に
長ぜしが、年三十にし...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
富田景周
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
韻玉珠奎璧動。雄談河漢夜霄高。千金一刻須二能直一。秉レ燭此時醉氣豪。主人及び浚明
等和韻あり。他日之を横山隆達に送る、隆蓮亦和韻あり。遂に十餘人に及び、大卷三軸を
爲す。隆達又序を作り、乾祐直之に跋し、遂に之を藩...