石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
横山氏の家系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る丸内卍の家紋が、久留子紋の一種なりと考ふる第二の誤謬を生ずるに至れり。今この事
を論ずるに當り、聊か横山氏の家系に就きて研究せざるべからず。蓋し横山氏は、その家
傳に從ふときは、小野氏より出でたる武藏七黨の一...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
野口斧吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
野口斧吉、後磊藏と改む。諱は之布、字は士政、犀陽と號し、國老横山氏の儒士なり。元
治の邊に、國事に奔走したるを以て十月二十六日主人に永御預の刑に處せられき。その在
獄中の...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
南坊の女婿横山康玄
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
吾人はこゝに高山南坊の姻戚たりし横山氏に就きて、若干の研究を爲さゞるべからず。先
づ南坊の女壻たりしは長知の子康玄にして、その父長知にあらざ...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
横山氏の家紋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。而して塞縳悉底迦以外、我が國別に久留子より變化せる卍ありとするは、毫も之を妨げ
ずといへども、加賀の横山氏が之を採用せしは、切支丹信者を妻としたる康玄にあらずし
て、禪僧を師と憑みし長知なりしが故に、他の諸氏...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
皇室中心運動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
のなきにあらざりしも、藩論を勤王に導かざるべからざるを説くものは殆ど絶無なりき。
然るに萬延元年、國老横山氏の臣たりし野口斧吉が昌平黌に學びて歸藩するに及び、同家
の家宰平出甚左衞門に建議し、子弟の爲に一の學問...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
班軍は豫定の行動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。尚相模かたより可レ申候間令二省略一候。恐々謹言。九月十五日(慶長五年)秀忠在判
横山大膳(長知)殿〔横山氏家譜〕
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
安見隱岐
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
れずといへども、余にして獨冥府に赴くは、興味の頗る索然たるものなきにあらず。余は
その宣告者の本多氏と横山氏たるとを問はず、必ず先づ之を刺さんのみと。乃ち殿中に至
り皆を決して老臣に對す。本多政重乃ち彼に命じて...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
光高の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
政重は、余輩光高侯の命を受けてこの城を守る。老侯の言の如きは余輩の知る所に非ずと
て又許さず。某因りて横山氏に至りしに、長知の言ふ所も亦政重の如くなりき。是を以て
某遂にその任務を果す能はず、還りて之を利常に告...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
長好連歿後の紛擾と浦野孫右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
なしと。與助、田鶴濱在住の諸士が浦野孫右衞門の指揮に屬し、齊しく之に反對せんこと
を憂ふ。乃ち藩の老臣横山氏の士土田將監に謀る。將監曰く、須く公用に託して孫右衞門
を金澤に招致すべし。我卿の爲に彼をその途上河北...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の捕縳と慶寧の幽居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を前田監物の邸に檻致せり。翌十七日横山三左衞門隆平命を傳へて斧吉を召し、これをそ
の邸に禁錮す。斧吉は横山氏の臣隸たりしを以てなり。同日四郎左衞門・傳兵衞も各自宅
に錮せられ、十八日慶寧は歸藩して金谷殿に幽居せ...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
野村圓平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
野村圓平は通稱次右衞門、空翠又は栖霞と號し、天明四年金澤に生まる。家世々八田屋と
稱し、藩の老臣横山氏・前田氏以下數十家の日傭頭を業とし、兼ねて酒造を營み、後典舖
となる。圓平幼より學を好み、嘗て太平記及...