石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
横山政禮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
横山政禮、字は子愼、東皋と號す。絳霞樓・坐嘯亭の別號あり。隆蓮の弟にして、同胞相
並びて名を馳す。政禮の詩は、...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
乾乾樓詩會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
客をその乾々樓上に會して、唐明の二調に私淑し、而して隆達自ら之が牛耳を執りその間
に翺翔す。由美希賢・横山政禮・不破浚明・中西尚賢・乾祐直等筆を載せて相盍簪し、實
に詩壇の登龍門なりき。隆達歿して後詩盟を繼ぎしも...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
由美希賢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、藩儒の講説の非を聽けば之を面折し、箝口せしめざれば止まず。是を以て世人希賢を怨
謗すること甚だし。獨横山政禮その群書を綜覽し古今を淹貫するを以て之を仰ぐこと泰斗
の如し。希賢又詩を工みにし、徂徠の重んずる所とな...