石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
横山政和
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
横山政和、字は敬夫、蘭洲は其の號。幼名政次郎、後藏人と稱し、又多門と改む。父は政
孝、母は蘭晼。政和天保五年を...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
横山政和
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
横山政和、傳は漢學の條に出せり。維新の後白山比咩神社の宮司となり、故實を尋ねて舊
典を興し、その本地堂に堆積せ...
第三章 學事宗教 第一節 學校
天保の修補
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
先づ學校を隆盛ならしめざるべからずとなし、具に意見を書して齊泰に上れり。齊泰之を
嘉納し、乃ち榮實及び横山政和・奧村惇叙をして學校の改革を主宰せしめたりしに、榮實
等督學渡邊栗・教授陸原之淳と謀り、就學を督促し、...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
陶業の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
世に屬すといへども、先侯治脩尚隱棲して金谷殿に在り。治脩は嘗て學校を起し、又産業
を獎めし人なり。藩臣横山政和曾て治脩が手燒の小礫五枚を藏せしことあり。樂燒に白紬
を施し、青華を以て香魚を描きしものにして、春日山...