石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
取込銀 新極印銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その不便甚だしかりしを以て、寛永十年四月の令により取込銀の通用を禁止し、銀座に於
いて之を改鑄して、新極印銀を發行することゝせり。新極印銀の品位は、初め今極印朱染
紙封の銀子に比して二歩下りとする豫定なりしが、...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
菊極印朱封銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次いで寛永十五年更に菊花の極印ある銀貨の製造を命じて新たに朱染紙封となし、九月五
日以降從來通用の新極印銀及び取込銀子を禁止せり。前の今極印朱染紙封のものは、品質
素より良好なりしが故に、この時既にその姿を失...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨の實際流通
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て寛永新錢の通用を令したるを以て、同年八月加賀藩は灰吹銀の切かねを停止せしめ、九
月十日更に錢一貫文を極印銀十八匁に當つべきことを令せり。蓋し寛永通寶の鑄造漸く多
くして、民間の使用に便なるに至りたると、灰吹銀...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
確實なる加州金銀貨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
内に花降、下部角の内に拾匁とあり。裏面下部楕圓の内に彦四郎とあり。縱三寸三分、横
一寸三分五厘。花降桐極印銀。稍長方形にして、隅を圓くし、表面上部に花降、下部に壹
枚とあり。四隅圓形の内に桐の極印あり。裏面四隅...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
灰吹銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛永七年加賀藩に於いて灰吹(ハイフキ)銀を製せしめ、從來封内に通用したる極印銀に交
へて之を通用せしめき。灰吹銀は俗にこまがねと稱し、又きりかねともいへり。この銀は
、錢貨を用ふべき...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
吹貫銀今極印銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前に言へる淺野屋次郎兵衞は、同家第三世にして法號を宗古といひしものとし、金屋彦四
郎は第四世吉惠にして...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
丁銀豆板銀の通用
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
しかば、九年十二月遂に追放に處せられたりき。寛文七年、加越能三州之貴賤仕用處之銀
子、菊之紋のコクイ(極印)銀自今停止して、江戸並に豆板銀を可レ用旨、從二公儀一被
二仰渡一、コクイ銀を上げて豆板銀に替仕候也。〔...