石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第七節 書道
楠部屋芸臺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
楠部屋芸臺、名は肇、字は子春、通稱金五郎。芸臺幼にして聰慧、三歳にして能く字を知
り、髫齓にして書を讀めり。芸臺...
第三章 學事宗教 第七節 書道
唐樣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
和樣に近似するに至る。是より世人正水流を一に高田流ともいへり。降りて前田治脩の時
に至り、淺野屋秋臺・楠部屋芸臺の二人、市人より出でゝ大に聲名を博す。次いで岡野黃
石あり、儒を以て書を兼ぬ。凡そ唐樣の書家中、藩政時...