石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
公事場の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る所亦頗る廣汎に及べり。これを以て審理遷延して朞年を超え、終に嘉永六年十二月六日
要藏を磔刑、市兵衞を梟首に定めて、五兵衞と孫兵衞とは已に獄死したるを以てその屍を
醢にし事件の落著を待ちたりしが、彼等も亦磔刑...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
殉教者鈴木孫左衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
へられ、その他之と信仰を同じくする者尚十餘人を算へしに、藩は澤市夫婦を郊端泉野に
磔殺し、その餘を悉く梟首に處したりき。この事の三州奇談に載せらるゝものは、粉飾多
きに過ぎて事態の眞を失へるが如しといへども、...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
一味の處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
月六日久江村道閑を久江の村端に磔し、子兵八・六太夫・万兵衞を刎首とし、高田村二郎
兵衞・能登部村永屋を梟首、三階村池島・笠師村太左衞門を追放に處し、而して能登部村
上野は先に牢死したるを以て刑を加ふることなか...