石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
公事場の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る所亦頗る廣汎に及べり。これを以て審理遷延して朞年を超え、終に嘉永六年十二月六日
要藏を磔刑、市兵衞を梟首に定めて、五兵衞と孫兵衞とは已に獄死したるを以てその屍を
醢にし事件の落著を待ちたりしが、彼等も亦磔刑...
第一章 制度法規 第三節 司法
梟首
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
梟首は追剥・追落を爲したる者、家宅に侵入し人を縳して窃盜したる者、代官の下吏にし
て過分の私曲を働きたる者...
第一章 制度法規 第三節 司法
庶民の連座法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
助命の上三ヶ所御構追放を命ぜられたる如きはその一例なり。次いで寛文十一年正月磔刑
者の子は斬刑に當て、梟首の者の子は概ね助命するを通則とし、梟首の者といへども罪状
の特に重大なるときは、亦その子を斬に處するこ...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
殉教者鈴木孫左衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
へられ、その他之と信仰を同じくする者尚十餘人を算へしに、藩は澤市夫婦を郊端泉野に
磔殺し、その餘を悉く梟首に處したりき。この事の三州奇談に載せらるゝものは、粉飾多
きに過ぎて事態の眞を失へるが如しといへども、...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
一味の處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
月六日久江村道閑を久江の村端に磔し、子兵八・六太夫・万兵衞を刎首とし、高田村二郎
兵衞・能登部村永屋を梟首、三階村池島・笠師村太左衞門を追放に處し、而して能登部村
上野は先に牢死したるを以て刑を加ふることなか...
第一章 制度法規 第三節 司法
元祿以降の行刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に磅礴たりしこの時に方りでは、實に當然の趨勢たりしなり。されば是より後に在りては
、生命刑の種類も磔・梟首・生胴・斬等に限定せられ、自由刑及び財産刑に關する法制亦
大に整備するに至りたりき。
第六章 經濟交通 第二節 物價
文化の小松暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
夜刑場に香華を供へたりといふ。細工町の沖屋庄兵衞も、亦庄次郎に勸めて廻文を爲さし
めたりとの罪により、梟首に處せらるべき宣告を得たりといへども、既に牢死したるを以
て實刑に服することなかりき。元來米直段高直、...
第六章 經濟交通 第二節 物價
安政の貧民叫喚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
來に於いても、亦五年七月十五日暴民蜂起して富商の邸宅を毀ちしものあり。その主謀者
は、翌年九月に至りて梟首の刑に處せられき。當年梅雨(安政五年)の頃より土旺中へ懸
け霖雨にて、凶年との米商ひする人の見込にや米...