石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
梅室
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
蒼虬と並び稱せらるゝ梅室は、姓を櫻井、通稱を次郎作、諱を能充といへり。明和六年金
澤に生まれ、磨刀を以て藩に仕ふ。俳名は初め雪...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
七草事件
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
梅室の名聲漸く籍甚となるや、世或は白眼を以て之を迎ふるものあり。天保十一年八月
大坂に遊ぶ。その地の反...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
庵號の繼承
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
俳人が前哲の庵號を繼承することは、蒼虬・梅室の頃より起りたる一種の流行にして、そ
の基づく所は、古俳諧の花之本宗匠號が曉臺に因りて復興せられ、闌更...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
大夢
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大夢、直山氏、名は宗四郎。初め加賀藩の算用場に勤務し、後寺子屋を開きて教授す。俳
諧は之を梅室に學び、槐庵及び南無庵を繼席せり。梅室その才を推奬して、『曾て槐庵創
業已來連綿として六世に及べり。今...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
雪袋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
衞。金澤の商家押野屋に生まれしも商事を喜ばず、遂に去りて屢京攝に行脚せり。初め遊
平・由平ともいひ、後梅室の門に學びて悠平と號し、又雪袋と改め、所居を葵囿舍又は睦
月庵と稱し、後句空庵を繼席す。明治十九年四月...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
蔦の家一派 北聲會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
し、特に萎文は雜誌白嶺集を出し、二十九年には梅が香集を出版して、加賀五大俳宗北枝
・希因・闌更・蒼虬・梅室の句を集め、美濃・伊勢の流を汲む千代尼の作は之を附録とし
て、蕉風俳徒の目標を示し、三十九年には俳諧正...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
寛永の市區改正と宅地の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
寳暦十年・文政四年等の調査によりその地域を市部に編入せしことあり。されば城下の殷
盛日に加り、俳人櫻井梅室が郷に在らざること廿八年の後、天保五年江戸より歸りし時に
は、『ひと日吉郷の卯辰山にのぼりて金陵をのぞ...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
五兵衞の俳句
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
べく、又好みて染筆を試みしは七十歳以後に在りどいへり。葢し錢屋が富豪の名天下に知
らるゝに及び、柳年・梅室・江波・梅通・春湖等の徒皆俳杖をその家に曳き誘導啓發する
所ありしに因る。然りといへども彼は固より文字...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に地方的俳壇のものにあらず。麥水稍後れて出で、新虚栗調を提唱して天明革新の急先鋒
を爲し、闌更・蒼虬・梅室の三老は、塵尾を洛陽に揮ひて、四海に號令せり。されば江戸
時代の俳諧史を講ずるもの實に加賀の俳壇を雲烟...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
北枝
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
眉山等その追悼會を春日社に營み、句集を北枝會と題す。天保四年翠臺・年風催主として
、墓側に新碑を樹て、梅室之に銘し、明治十二年雪岱・超翠等更に墓を修し、二百年忌の
追悼會を豫修し、その句を集めてかやつり草と題...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
天明以後の俳況
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り起りたるものに闌更あり。天明・寛政の俳壇に獨名を擅にし、而して之に次げる蒼虬は
寛政より天保に亙り、梅室は化政より嘉永に及ぶ。皆天下の老匠を以て目せられ、穩健閑
雅の俳風を推稱せらる。たゞその弊の赴く所は、...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
闌更
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
子弟を導くこと最も懇切なりしかば、束脩を入るゝもの千を超えたりといひ、加賀の俳人
中に在りても、蒼虬・梅室を初とし、逸庵蘆峰・五松下黄花・槐庵馬來・圃辛亭松菊・柿
丸舍擧遠・冬葉庵一杪・翠臺眉山・園亭鹿古等皆...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
蒼虬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
下り、十三年三月十三日對塔庵に歿す、享年八十三。東山妙國寺に葬り、分骨を金澤妙國
寺に瘞む。是に於いて梅室の主催により、追善句集を編みて夏蛙といひ、近江の芊丈は小祥
忌と大祥忌とを營みて弘化元年折柳集を出し、...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
蒼虬の功績
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を飾るの弊風を改め、目前平話の正風をあらはし、諸師の本懷を達し申されける。』とそ
の蒼虬傳に讃歎し、又梅室は『蒼虬をぢは、少壯より此道に深くわけいり、そのかみのがし
こき人等が、よく見て吉とさだめ置るすぢを能...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
年風
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年風、梅田氏、諱は九榮、畫を以て藩に仕へ、又俳諧を梅室に學び、翠臺を繼席し、後更
に北枝堂と改め、薙髮の後菅阿彌といへり。文政七年其如月を著し、弘化三年九月...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
晩籟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
晩籟、中江氏、通稱松屋伊兵衞。鳳至郡輪島の人。俳諧を梅室に學び、松濤・公樹園・白
翁等の別號あり。その家漆器製造を業とせしを以て、常に京攝に往來し、傍ら名蹟を...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
卓丈
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
といひ、後貞と改む。石橋氏、後に自ら大橋氏を稱す。藩の御坊主なりしが、酒癖を以て
罷められ、京に遊びて梅室の門に入り、遂に越中の十丈の後を繼ぎて十丈園といひ、又加
茂川十丈・大橋十丈とも稱へ、時雨庵・蘆花半輪...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
鳳兮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鳳兮、春藤氏、通稱四平、所居を閑時庵と號す。珠洲郡小路の人、安藤叔明の弟なり。俳
諧を蒼虬・梅室に學び、屢上國に遊びて諸家と交る。天保十四年九起、芭蕉百五十回忌に當
りてその遠忌を營み、後花の供養二...