石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
泉屋又兵衞 桃妖
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
葉ちらすな秋の風』と祝福せり。葢し詩經周南の桃之夭々其葉蓁々より採りしなり。而も
この後久米之助が常に桃妖の字を用ひたるものは、夭字に短折の義あるを忌みたればなる
べく、楚常の卯辰集に桃葉に作り、句空の草庵集...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
全昌寺宿泊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
肌の寒からん』といひ、北枝も亦『きくの里見るたび泣かん湯の名殘』と吟ぜり。それよ
り二人大聖寺に出で、桃妖一門の菩提所たる全昌寺に赴きしに、曾良は前夜こゝに宿りて
、『終宵秋風聞くやうらの山』の句を殘し、獨行...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
芭蕪歿後の追悼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・秋之坊・牧童・長緒等、小松には塵生・宇中・夕市・湫喧・彳人等、大聖寺にては野睡
・關雪・里楊・長水・桃妖等、皆追遠の俳諧を興行せり。後寛政五年金澤の松菊、霜農宇
都里を編し、闌更之が序を作る。亦芭蕉百年正當...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
支考の行脚 宇中
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
蕉の墓を弔ひ、彦根に許六を訪ひ、加賀に入りて山中・大聖寺・金澤に巡遊するや、その
能文と能辯とは、直に桃妖・厚爲・句空・北枝・牧童・萬子・小春・秋之坊等を、悉く藥
籠中のものたらしめしが如し。さればそこの花の...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
支考の再現
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
すでに五年の先なるべし。』といへるは、先に述べたる山中三笑の雅會を指すものにして
、その桃亭といへるは桃妖の亭なり。同月支考北に遷りて小松に入りしに、河南の俳人乃
露等之を留めて八夕暮を選し、同地の鳥一居彳人...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
凉莵乙由等の來遊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
從吾・長緒・八紫等皆之と交り、同國の乙由も來り會せり。既にして涼菟は乙由と相携へ
て山中に赴き、厚爲・桃妖等と賡和し、北枝亦追うて至れり。時に支考は能登より越中に
入り、浪化を訪ふ。是を以て支考は涼菟と相遭は...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
二柳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ものゝ一人に二柳勝見充茂あり。一に桃居又は三四坊といひ、所居を七杉堂又は不二庵と
稱す。加賀の人にして桃妖及び希因に學び、後八幡・京・大坂に住し、享和三年二月二十
八日八十一歳を以て歿す。二柳屢麥水と相唱和し...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
雲蝶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
俳僧なり、伊勢の産。寛延二年雲蝶『荻の戸や雁に渡して笠の風』と吟じて草庵を出で、
越前より加賀に入り、桃妖を山中に訪ひ、千代に松任に會し、水無月十八日金城に入りて
希因を見、津幡の見風と交る。次いで能登路を經...