石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寺金澤小立野拜領地眞行寺金澤小立野拜領地瑞雲寺金澤小立野拜領地長谷院瑞雲寺塔頭高
源院金澤小立野地子地松山寺金澤八坂拜領地榮壽院松山寺塔頭鶴林寺金澤八坂拜領地永福
寺金澤八坂拜領地源性院永福寺塔頭雲龍寺金澤八坂...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
横山氏の家紋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の地に祖考の廟を營み、網天を招きて住せしむ。網天乃ち圓通寺の融山を延きて開山とし
、長隆の法諡を採りて松山寺といひ、山號を圓融と稱す。初め長知の岫巖寺を辭せしとき
、網天爲に一句の吹毛を示し、卍を描ける經帷子を...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
横山長知の復仕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
長の老して高岡城に在りし時、長知意に平ならざる所あり、乃ち十九年二月祝髮して名を
夕庵道哲といひ、金澤松山寺に隱棲し、遂に仕を辭して叡山に逗りしが、今や再び利常に
來仕して前祿三萬石を食み、臣僚の領袖に居れり。
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
寳暦の大火災と財政難
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を限、鷹匠町方にて止り申候。右火奧村助右衞門屋形並家中ほうとうじ(寳幢寺)阪の方
殘らず燒失、八坂の下松山寺・雲龍寺等の大寺やけずといふ寺なし。小立野はつばや(鍔
屋)小路まで、奧村助右衞門長土壁(塀)の家中へ...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
前田氏と曹洞宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を見ず。是を以て藩臣にして重職に在る者も亦悉く禪門に歸し、五萬石の本多氏が大乘寺
に、三萬石の横山氏が松山寺に、一萬八千石の前田氏が玉龍寺に、一萬六千五百餘石の村
井氏と一萬一千石の前田氏とが桃雲寺に、一萬七千...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
轉衣補任禀請公文状の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
之事一、任二綸旨一轉二衣補任吟龍和尚一者也。依公文状如レ斯。安政五戊午五月六日妙
高庵通幻在判洞川庵〔松山寺文書〕○
第三章 學事宗教 第十節 佛教
轉衣補任綸旨の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
祈二國家安全寶祚長久一者。天氣如レ此。悉レ之以レ状。安政六年五月十一日右中辨在判
月心寺吟龍和尚禪室〔松山寺文書〕