石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
松屋菊三郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
松屋菊三郎は文政二年四月能美郡一針村醫師山越賢了の家に生まる。天保四年粟生屋源右
衞門に就きて製陶を學び、六年陶...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
小野窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
窯方に打越村與兵衞、素地に粟生村忠助・八幡村儀兵衞、陶畫に佐野村齋田屋伊三郎・小
松町粟生屋源右衞門・松屋菊三郎・柄屋甚三郎・寺井村庄三等を聘し、白磁青華並びに赤
繪附等を製せり。その原料は、前記鍋谷の外五國寺・佐...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
齋田屋伊三郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
門に聘せらる。六年伊三郎自ら佐野に窯を起して徒弟に教ふ。是より名聲大に著れ、門に
入りて學ぶもの小松の松屋菊三郎・牧屋助次郎、高堂の磯右衞門、粟生の平八、佐野の徳
兵衞・太左衞門・二世伊三郎、大長野の文吉以下數十人...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
九谷庄三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次いで又粟生屋源右衞門及び山代の宮本屋理八に就き業を受く。藪六右衞門の小野窯を開
くや、齋田屋伊三郎・松屋菊三郎・板屋甚三郎等諸工來り、多士濟々の觀あり。庄三亦彼
等に伍して嶄然頭角を露し、その功績最も顯著なりしを...