石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
村井親長
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
村井親長、通稱出雲、信齋と號す。身國相に在りといへども、貴權を挾むことなくして能
く儒生に下り、羽黒成實に從游...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
木村藤兵衞 河内山昌實 村井親長 吉田軌申 源 久矩 板垣信精 高畠定延
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
者に、木村藤兵衞ありて寛文十三年岩淵喧嘩記一卷を著し、河内山昌實ありて延寶三年前
田創業記五卷を著し、村井親長は延寶三年高徳公御武功書一卷を著し、吉田軌中は前田四
代自記四卷を著し、源久矩は寶永三年菅君榮名記十五...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
九十郎の切腹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
彌四郎年寄衆紙面を以、相手小川太郎三郎相果候に付今日切腹被二仰付一、則近江守(前
田直堅)殿・出雲守(村井親長、守衍カ)殿・美作守(前田孝行)殿・安房守(本多政敏
)殿連名之御紙面を以御申渡候。御横目熊谷半助殿・...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
性理學の祖述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
黒成實の來りて金城に寓するに及び、最も程朱の學を祖述すること深く、孜々として教授
に努力せしかば、執政村井親長は先づ從學して衣食の資を給し、士大夫亦多く之を矜式し
、一藩翕然として歸嚮せり。蓋し加賀藩に儒教の盛な...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
羽黒成實
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
しを以てなり。是に於いて從學するもの頗る多かりしが、奧村脩運・青地齊賢・青地禮幹
等その主たりき。執政村井親長亦重禮を以て之に學び、その衣食を給す。元祿七年三月成
實天道流行圖説を著して上木す。後舊君の辟によりて...