石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第四節 租税
地子役
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
人の邸宅は、藩より下賜せらるゝものたるが故に、之を賣買するの權利なく、地子役を上
納する義務を有せず。本町に在る町人の宅地は、拜領地にあらざるが故に賣買することを
得るも、亦地子役を負擔せず。一、金澤本町より...
第一章 制度法規 第四節 租税
本町と地子町
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
あり。西町・堤町・南町・金屋町・松原町・近江町・安江町・材木町即ち是にして、世に
之を尾山八町と稱へ、本町とせり。但し是等の中堤町・南町・金屋町は後世とその位置を
異にし、材木町は位置と共に名稱を異にせしが如...
第一章 制度法規 第四節 租税
役銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次に本町の負擔する役銀といふは、傳馬役銀・本町木戸等普請入用・上使宿普請料・横目
肝煎傳馬肝煎等扶持銀・町會所...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
寛永の市區改正と宅地の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
家中といふもの是なり。是等の家中又は組地は皆町名を有することなし。次に町地といふ
は商工の地域にして、本町と地子町との別あり、町奉行の管轄に屬す。町地の一種なる門
前地は、寺社の所有地に町家を建築せしものにし...
第三章 學事宗教 第一節 學校
小學所
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
たらしめたるに起る。その一は卯辰山小學所といひ、卯辰山にありて前に集學所といへる
ものなり。その二は梅本町小學所といひ、その三は高岡町小學所といひ、その四は河原町
小學所といひて、皆同名の町にあり。その五は小...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
觀音院の能
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
爾後藩末に至るまで繼續し、その興行は藩の町奉行に命じて爲さしむる所なりといへども
、一切の經費は城下の本町をして負擔せしめたりき。如二例年一朔日・二日、長谷觀音に
而爲二祭禮一能被二仰付一候條、如二跡々一町役...
第一章 制度法規 第四節 租税
金澤町の納税義務
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次に金澤町に住する町人の納税義務は、本町と地子町とによりて頗るその趣を異にせり。
故に今先づ本町と地子町との區別に就きて述ぶる所あらざるべから...
第一章 制度法規 第四節 租税
夫役
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るに當りて必要とする所の役夫を提供するをいへり。元祿三年町奉行より藩の年寄に宛て
たる上申書によれば、本町の提供すべき町夫の數は延一萬人にして、之を家屋の前口五千
百七十九間一尺二寸に比例して割當すれども、そ...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
觀音院の能
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
警固し、割場足輕も亦出でゝ之を助く。見所には外圍を作り、木戸を設け、舞臺正面・脇
正面・地裏には、城下本町の町人の爲に棧敷を構ふ。これこの興行の諸經費及び裝束の製
作費等、皆本町の負擔する所なればなり。地子町...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
尾山八町の説の誤謬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
には南町ひろおかやの名ありて、南町の永祿中既に存したることを知るべし。されば所謂
尾山八町は後に金澤の本町たりしといへども、佐久間氏の時に起れりといふは、全く事實
を誤れるものなり。
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
寳暦の大火災と財政難
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
・貳番丁・蓮昌寺町・西養寺町・念西町・茶屋町・玄門寺門前・來教寺門前・心蓮社門前
等悉く燒亡。本通り森本町・金屋町・高道町善導寺にて火留る。淺野川左の方、馬場裏町
向側奧野嘉藤次・土師清太夫、馬場壹番丁・貳番...
第一章 制度法規 第三節 司法
公事場の入獄者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
濟的損害を免る能はざりしを以て、その宥免を當局に請願するものありしことは、寛文七
年五月二十日の町會所本町肝煎役所觸留帳に、『籠舍人有レ之町々、爲二御詑言一御奉行
人に相詰申義、向後御停止之旨被二仰出一候に付...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
錢貨の實際流通
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
上方より御取寄、問屋可レ被二仰付一事。承應三年八月十六日富永勘解由左衞門在判脇田
九兵衞在判町年寄十人本町肝煎中〔三州寳貨録〕○定一、少分之賣買之儀者、御分國一統
錢づかひに可レ仕事。一、銀子之儀は、今迄の如...