石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
大乘永光二寺の本寺決定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然るに延享三年關東三ヶ寺即ち總寧寺・龍穩寺・大中寺は、諸國の曹洞宗寺院に通達して
、各その所屬の本寺を申告すべきことを命ぜり。是に於いて大乘寺と永光寺とは、共に五
百年來無本寺たりしことを主張して、使僧...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
將軍被仰出執達状
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一、從二元和元年一就二本寺一申二降御綸旨一有二出世一事、從二公方樣一顯然御朱印之
事。一、不レ遂二參内一本寺之状許仁而致二出世一...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
獨住制の採用
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
續き一山を引率し、總持寺五百年間の輪住制こゝに全く罷むに至れり。總持寺當寺儀賜二
紫衣一、直に參内出世本寺の儀に候へども、元來永平寺の別寺に候へば、甲乙の廉顯然に
候間、今度御一新の折柄、是迄輪番住持相止、宗...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
總持永光大乘三寺法系の爭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
によりて之を知るべし。かくの如く三寺の主張する所柄鑿相容れざりしを以て、藩は大乘
寺と永光寺とが特に無本寺の格式を有するものたることを認めて、その衝突を緩和するの
策を執りたりき。覺一、日本曹洞第一之本寺越前...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
雲堯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
元年家康伏見に在り、諸宗の碩學を徴して顧問とせし時、雲堯亦之に與れり。時に家康將
に永平寺を以て洞門の本寺と爲さんとせしかば、雲堯は書を上りてその先蹤に戻るを論ぜ
しに、家康遂に之を容れ、永平・總持を以て兩本...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕府評定所の裁許に對する請書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を認、右堂社白山に有レ之表別當阿名院古來より相勤候由認有レ之候。此段阿名院え御尋
之處、長瀧寺往古は無本寺に而候處、明暦年中より東叡山御末寺に罷成候。大明院御門跡
之節御致有レ之、古來より之由緒勤方旁を以相認...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
後陽成天皇綸旨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
依レ爲二能州鳳氣至郡櫛比庄諸嶽山總持禪寺曹洞之本寺一、被レ補二出世之地一異レ于レ
他者也。彌蒙二勅宣一可レ令二出世一。若老僧勞侶不レ叶二上洛一之輩者、於...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
轉衣補任禀請公文状の例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
諸嶽山總持禪寺者、依レ爲二日域曹洞出世第一之本寺一、就二當山住持職之事一、任二綸
旨一轉二衣補任吟龍和尚一者也。依公文状如レ斯。安政五戊午五月六日妙高...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
大乘寺と永平寺との衝突
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
順ならざりしを以て、常に永平寺の憎惡を免るゝこと能はざりき。享和元年大乘寺はその
寺規を改めんとして、本寺に對する手續を閑却せり。永平寺乃ち之を以て、大乘寺が本末
の關係を絶たんとするものなりと解し、先住愚禪...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
豐財院と血書大般若經
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
永光寺の門末に羽咋郡白瀬の豐財院あり。亦瑩山紹瑾の草創せし所なりと傳へ、本寺に藏
する血書大般若經六百卷は月澗義光の發願によりて成るものなり。月澗は越中の人、白子
氏、初め法を卍叔...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
東本願寺末寺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
東本願寺が別院即ち末寺を金澤に建設せしは、慶長七年京都六條に於けるその本寺が分立
したる後日尚淺く、加賀藩に在りては前田利常の治世の初期にして、利長の尚生存中に屬
したりしが如し...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
不受不施派の制禁
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・本性寺・妙感寺あり。藩乃ち五月廿四日を以て、是等諸寺に命じて一致派に屬せしめ、
羽咋郡の妙成寺を以て本寺とすべきことを慫慂せしに、諸寺は直に之に從ひたりき。
第三章 學事宗教 第十節 佛教
妙成寺の定書發布
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
二時宜一。又所化中間之列座者可レ爲二談林之階級一事。一、去午年申年兩度(元祿十五
年、寶永元年)、京都本寺方惣會合に被二相究一諸國え被二申觸一候通、衣袈裟之法式堅
可レ被二相守一候事。附、縱雖レ爲二師匠讓之袈...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
日脱
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
遊明子と號す。本是院日理に投じて出家し、飯高談林に遊びて苦學二十年、業成りて山科
談林の講主となり、立本寺に瑞世し、復飯高の請に應じて金鱗を振ひ、延寶八年身延第三
十一世となりて在職十九年に及ぶ。元祿中小湊の...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
日向村地子地淨養寺石川郡白山村百姓寄進地願慶寺石川郡吉野村百姓寄進地善性寺石川郡
四十万村百姓寄進地常本寺石川郡四十万村地子地照臺寺石川郡野々市村百姓寄進地本福寺
石川郡八日市新保村受地安樂寺石川郡泉村地子地...