石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯の廢滅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
木米の金澤を去りたる後に於いても、春日山窯は尚衰勢ながら存續し、先に木米に從ひて
技を習ひたる本多貞吉・越中屋兵吉・任田屋徳右衞門等その業に勉めたりき。然りといへ
ども此の年兵吉は十九歳、徳右衞門は十六歳...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。而してこの窯を主宰する民山は、藝術に對する一隻眼を有したりといへども、固より陶
工にあらざるを以て、本多貞吉の門人たる山上屋松次郎、木米の弟子たる任田屋徳右衞門
及びその子徳次を雇用し、更に小松より畫工鍋屋吉兵...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
衞の經營に係る。八兵衞は元と瓦窯を有したりしを以て、試に製陶を工夫する所ありき。
この時肥前島原の人に本多貞吉といふものあり、頗る陶業に熟達せしが、故ありて郷里を
出で、文化四年木米に隨ひて春日山の陶窯に來り、八...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
小野窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
能美郡には又小野窯あり。初め小野村の豪農に藪六右衞門ありて、陶法を本多貞吉に學び
、文政二年初めて居村に窯を築けり。天保元年六右衞門磁石を鍋谷村に發見す。これ即ち
現時九谷燒の原...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の陶工 本多貞吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若杉窯・小野窯・蓮代寺窯に關係したる諸工中、手腕の優秀なるものは、第一に貞吉を擧
げざるべからず。貞吉...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
齋田屋伊三郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
齋田屋伊三郎は後に道開と號し、佐野の人なり。本多貞吉の若杉に來るや、伊三郎之に就
きて著畫を學び、後勇次郎の赤繪を初むるに及び、伊三郎又之を學ぶこと六年。...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
粟生屋源右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年郷に歸りて樂燒を業とし、傍ら點茶を樂しみて號を東郊といへり。源右衞門亦夙に父に
從ひて業を習ひ、且つ本多貞吉の若杉窯に在りて名聲嘖々たるを聞き、その門に入りて白
磁の製法を傳習せり。既にして文政六年江沼郡に吉田...