石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
色又は赤味を帶び、圖案は忠實に支那明代の製に倣ひ、赤呉須寫等多し。葢し明磁の模造
は時代の風潮にして、木米はその模寫に最も巧妙なる手腕を有すると同時に、亦獨特の筆
致を現し、木米の門人徳右衞門等の作品亦木米の...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
陶業の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
學び、後清人に法りて墨梅を能くし、詩賦は頼山陽の斧正を得たり。純藏文化二年を以て
京都に遊び、陶工青木木米を訪ひて遂に金蘭の交あり。葢し純藏素と木米の製する所を見
、その高尚幽雅にして匹儔稀なるに心醉したるに...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
木米の確實なる作品
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然りといへども、木米の春日山窯にて燒きたりといふ所傳の確實なるものは、後世甚だ多
からず。明治中宮崎豐次が龜田家に藏する木...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
木米の功績
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
飜つて考ふるに、木米の金澤に在りしこと僅かに一年有餘に過ぎず。その作品は貴紳富豪
の需用に應じ、文人騷客の好尚を充たしたる...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
永樂和全
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
永樂窯の工長たりし永樂和全は京都世襲の陶家なり。その父保全は木米と時を同じくし、
保全の紫釉は木米の黄釉と比肩して磁界の偉觀と稱せられ、而して和全は保全と共に永樂
系中...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
建築せられ、西南を焚口として東北に延びたる登り窯八個を聯絡せり。周圍には細工場・
荷扱所・着畫所あり。木米の著したる陶説に所謂明爐・暗爐なる錦窯を東方に設け、薪廠
・土納屋是が南に連り、又水干場あり、事務所あ...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山燒の不成功
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一月にして、箕柳碑の文によればその製する所萬七八千に及べりといへば、頗る盛況なり
しが如しといへども、木米自身の陶説に『乾窯乾薪無レ患。濕窯濕薪有レ患。』といふが
如く、この新營の工場に在りては、彼の妙腕を以...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯の廢滅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
木米の金澤を去りたる後に於いても、春日山窯は尚衰勢ながら存續し、先に木米に從ひて
技を習ひたる本多貞吉・越...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
任田屋徳右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
兼畫工にして、粉雲堂梅閑と號す。寛政四年金澤に生まれ、初め畫を春日神社の神職高井
二百に學び、文化四年木米に春日山窯に從ひて陶事を習へり。その後徳右衞門、木米に從
ひて山代に至り、復金澤に歸り、春日山窯に師の...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
越中屋兵吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
越中屋兵吉は香山と號す。寛政二年越中射水郡佐賀村に生まる。文化四年春日山窯に入り
木米に就きて學び、木米・貞吉の去れる後は、徳右衞門と共に製陶に從事したりしが、
その廢窯するに及び獨立して...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
せしが、文政の中絶以後、幸に民山窯のあるに因りて、その命脈を保持することを得たり
。民山窯の製品は近く木米の遺範に基づき、遠く古九谷燒の風丯資質を追慕したるものに
して、木彫の技を以て名を知られたる武田秀平の...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯の頓挫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
宗とし、國産として奬勵すべかりし春日山製陶所の經費補給も、勢ひ之を廢止せざるべか
らざるに至りしかば、木米の製作慾も實に索莫たるものありしなるべく、殊に京師に在り
ては彼の叔父が發狂するの不幸さへありしを以て...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。民山燒の著畫は、主として赤色を用ふ。即ち勇次郎赤繪の如き澁き彩釉に金彩を施した
る細畫のもの多く、又木米の金襴赤繪の雜釉を省きたる如き趣致のものありて、加賀の製
陶界に於ける錦襴赤繪の濫觴を爲すものなり。か...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山燒の地位
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
民山燒は温健にして質實なる陶磁なり。是を以て古九谷燒の如き韻致なく、木米の如き怪
奇なしといへども、加賀の陶磁史にありては、中堅たるべき地位を占むるものにして、能
く製磁事業の...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
民山窯諸工
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
民山窯に屬したる諸工は、山上屋松次郎・任田屋徳右衞門・同徳次等、木米の系統に屬す
るもの多し。その中陶工たりし松次郎は、能美郡の陶磁界に貢献せしこと多かるべきも、
今履歴を...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
りき。この時肥前島原の人に本多貞吉といふものあり、頗る陶業に熟達せしが、故ありて
郷里を出で、文化四年木米に隨ひて春日山の陶窯に來り、八年更に移りて若杉村に赴き、
八兵衞の家に寓して近郷花坂村字六兵衞山に磁石...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉窯開創に關する誤傳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
より推すときは、安永八年は彼の十四歳に當るが故に、その誤傳たるべきこと明らかなり
とすべく、貞吉は初め木米に隨ひて春日山窯に在りたるものなるを以て、彼の若杉に移り
たるは文化五年以後ならざるべからざるなり。さ...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
庄三の功績
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
之を以て畫樣の空處を裝飾し、又間取り物を愛し、書廻し物は寡し。間取り物に在りては
、各間取り内に守景・木米・又は宮本屋窯の八郎右衞門等の各長所を折衷し、之を整理配
合する手腕實に巧妙なるものあり。而してその複...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の陶工 本多貞吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
多氏、陶銘には本多貞橘と書したるものあり。肥前島原の入。寳暦九年を以て生まれ、若
くして京に出でゝ青木木米に隨從し、春日山窯に來りて製磁に從へりと傳ふるも、二人の
關係甚だ明白ならず。而して文化八年若杉窯の創...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
八郎右衞門の作風
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀陶磁考草の所説によれば、九谷燒には既に木米及び貞吉の赤繪ありしも、そは所謂交
趾に模したる呉州赤繪にして、勇次郎が赤繪は伊萬里に擬したるに過ぎず...