石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第二節 物價
文化の金澤暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
人は、暴民騷擾の際之に對する處置當を得ざりしを以て、仲買業を停止せられ且つ追込の
處分を受けたり。この暴動の中心を爲したるは金澤にある越中の米相場師にして、藩内八
ヶ所に於ける建米が油屋半四郎の買占によりて騰...
第六章 經濟交通 第二節 物價
文化の口郡暴勤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次いでその居村に梟せらる。而して免田村の嘉右衞門以下十人は、この月十九日を以て出
牢を命ぜられき。この暴動は、端を貸米の分配に對する不平より發したりといへども、後
には豪農輩の機に投じて利を貧るを憤慨する小農...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
慶寧長藩の爲に尚斡旋す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
一候間相達候事。七月(元治元年)〔御用方手留〕○當五日伊豫守(奧村)より内状を以
申達候通、今度長州藩暴動之儀に付、猶又此上にも皇國之御爲、兼而被二仰出置一候御趣
意通り、御盡力御周旋可レ被レ遊御決心被二仰出...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
加賀藩降人の警護を辭す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
尤今夜中より非常爲二手當一、越前守・掃部頭・若狹守人數をも裏手之方へ可二指出一旨
相達候。萬一浪士ども暴動之所業に及び候はゞ打捨候樣可レ致候。委細之儀は黒川近江守
・瀧澤喜太郎より申談にて可レ有レ之候。正月廿...
第六章 大聖寺藩治一斑
正徳の凶歉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
運上過役を徴せしによる。この騷擾の結果として、藩は貸米一萬二千餘石、免切用捨米二
千餘石を行ひ、而して暴動者に至りては直接之を罰せず、翌年に至り他の罪名を以て之を
刑せり。
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀札發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に對する警戒を怠らざりき。かくて翌六年春物價益騰貴し、人心恟々たりしに、四月十二
日夜衆民蝟集して忽ち暴動の形勢に變じ、戌刻より子刻に及ぶ間に、米商人森下町釣部屋
仁兵衞・茶屋三郎兵衞・尾張町淺野屋知左衞門・...
第六章 經濟交通 第二節 物價
文化の小松暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文化五年、前年の凶作により貯穀大に缺乏したりしが、特に小松に於いては米價騰貴して
小賣一升錢八十三文と...
第六章 經濟交通 第二節 物價
天保の石川能美郡暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保中の凶作は四年に初り、米價は同年十一月に一升錢百八文、五年正月に百十三文とな
り、五年・六年の收穫...