石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
高橋富兄
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年明倫堂國學代講を命ぜられ、遂に國學主講師となり、維新の後藩廳の社祠係となり、後
各種學校教員となり、晩年第四高等學校教授に任ぜらる。富兄號を梅園又は古學舍といひ
、類題石川歌集・日本文法問答・國文軌範・十訓...
第三章 學事宗教 第七節 書道
淺野屋秋臺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
淺野屋秋臺、通稱彦六、金澤の市人にして製疊業者とし、晩年市吏となる。秋臺はその號
にして、別に戴笠道人・阮簑野王・阮簑鎌叟・端王簑・海石老人・青簑道人・恬處道...
第一章 制度法規 第四節 租税
田租
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
しくは給人と百姓との交渉煩雜を極め、相互の不便不利實に甚だしきものありき。是に於
いて前田利常は、その晩年慶安・明暦の交に亙り、時弊を匡救せんが爲に、その所謂改作
法なるものを施行し、耕地を整理して隱匿を除き...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩運の再勃興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
富田景周等の晩年文化の頃は、明倫堂藩學の隆盛なりし時代にして、講經の業頗る熾烈、
史學亦隆昌、所謂儒者なるもの濟々とし...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
大聖寺藩の漢學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
あり。錦城初め北山に學び、後に獨立して一派をなし、吉田侯に仕へ次いで加賀藩の招聘
する所となる。錦城の晩年、兒玉旗山京に出でゝ頼山陽に學びしも壯にして歿せり。利考
は又江戸の泉豐洲に學び、竹内親知も同じく之を...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
松永昌三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
當時の詩風を窺ふに足るべし。昌三門人多く、我が儒臣にして最も重きを爲せる木下順庵
亦その一人なり。昌三晩年官を辭し、京に歸りて教授し、明暦三年歿す。年六十六。長子
昌易洛に在りて家學を傳へ、次子永三父に襲ぎて...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
松永永三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
松永永三は昌三の次子なり。昌三の晩年仕を辭して京に歸り、明暦三年を以て歿するや、
永三加賀に來りて侍講となり、父の業を紹ぎて家聲を墜さず。...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
五十川剛伯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
雅會高宴、剛伯その詩柄を執りて之を可否せざるなく、會稿の序跋は剛伯之に關せざるな
し。また書を能くす。晩年城西の僻陬に山齋を結びて遊息の所となし、梧月軒といふ。元
祿十一年十二月その子源一郎の贋銀の罪に坐して...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
伊藤由貞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
伊藤由貞、字は太享、萬年と號し、其の講書の堂を春秋館と稱す。京師の人なり。少年に
して松永昌三に學び、晩年加州に來り、客寓すること六年にして元祿十四年七月歿す、年
六十一。由貞の加賀に在るや、清貧仕へずといへ...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
小瀬良正
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
井就安は、我が儒官甫庵道喜の嫡男なり。就安慶長十九年醫を以て前田利常に仕へ、坂井
氏を冒しゝが、良正の晩年に及び本姓小瀬氏に復せり。良正亦醫に長じ、詩を以て著る。
その筆致絢爛、宛として蜀錦に似たり。嘗て岐岨...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
羽黒成實
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は牧野。父は井伊直興に仕ふ。成實父歿するの後故ありて仕を辭し、京師に出でゝ山崎闇
齋の門に入る。闇齋の晩年神道説を立つるに及び、成實之を喜ばず。益程朱の言を尊び、
洙泗の源に溯り、伊洛の流を極め、正學を講明す...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
村瀬克忠
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
村瀬克忠、通稱久太夫、字は恕夫、致蘭と號す。江都に遊學し、終に地方に周流し、晩年
郷里金澤に歸りて帷を下す。明和二年十月歿する時年八十。棊墅梅月照二文楸一疎影長。
終宵對レ局一茅堂。誤...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
村瀬又次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
克忠の子に又次あり、通稱仙右衞門、字は子困。童蒙の爲に句讀を授け、眞の村學究なり
晩年仕へて國卿前田孝昌の文學となる。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
横山政孝 横山政寛 横山蘭蝶 横山蘭畹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の詩集中に、蓮湖に遊ぶの詩多きを以て、伍石嘗て蓮湖長の印を刻して之を贈る。因りて
自ら蓮湖長翁と號し、晩年喜びてその印を用ふ。文畫を善くし、好みて花卉を描く。是れ
その性花卉を愛するに因る。政孝の妻蘭蝶、名は...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
永山平太
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
となる。次いで十一月金澤藩少屬に任じ、漢學教師となり、置縣以後文學教師に任じ、中
學・師範兩校に教ふ。晩年中風を患ひて行歩に艱み、卒に起たず。文化十二年八月生まれ
、明治十二年八月歿す、年六十五。悼二千秋慥爾...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
中村順二郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
教加人を命ぜらる。廢藩の後、八年九月前田利嗣の漢學教師を囑せられ、爾後東京に赴き
てその職に從ひしが、晩年禪門に入り、十五年七月を以て歿す。芝田營中作殺氣捲レ天暗
二虜塵一。懸軍萬里不レ思レ親多情唯有二戌樓月...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
横山政和
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
られ、藩の廢せらるゝに至りて罷む。後神道教導職に補せられ、又氣多神社宮司に任ぜら
れしが、皆之を辭し、晩年白山比咩神社の宮司となり、明治二十六年六十歳にして逝去す
。政和至誠忠直、學を好み吟咏を善くし、又本草...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
江守長順
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
家人といへども晝間その箕座安臥せしを見ず、勤仕の暇唯几に憑りて書を讀むを樂しむ。
著書頗る多かりしも、晩年皆火に投じて、僅かに十温一助・温古古義等を傳ふるのみ。題
二氿園一不レ到二山莊一稍踰レ期。幽庭光景異二...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
五十嵐篤好
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
聞きしが、事藩廳の知る所となり、流浪人を宿泊せしめたる故を以て閉門を命ぜらるゝこ
と一年に及べり。篤好晩年多く金澤に住し、文久元年正月二十四日歿す、享年六十九。著
す所雉岡隨筆・同續編・歌學初訓・歌學次訓・歌...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
葛原秀藤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
弟を集め、國學を授くるに名を籍りて勤王を鼓吹せんとせしが、偶後素の亂起りしを以て
、優遊和歌を友として晩年を送れり。而も尚大義名分を明かにするに志しゝは、秀藤が楠
正儀の行動に關する疑義を山陽に質し、山陽の之...