石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯の廢滅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
木米の金澤を去りたる後に於いても、春日山窯は尚衰勢ながら存續し、先に木米に從ひて
技を習ひたる本多貞吉・越中屋兵吉・任田屋徳右衞門等その業に勉め...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
春日山窯の開かれたる地は、金澤の東北に連亙する卯辰山の一部春日山の麓にして、また
帝慶山の名あり。加藤松塢嘗て...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
任田屋徳右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
にして、粉雲堂梅閑と號す。寛政四年金澤に生まれ、初め畫を春日神社の神職高井二百に
學び、文化四年木米に春日山窯に從ひて陶事を習へり。その後徳右衞門、木米に從ひて山
代に至り、復金澤に歸り、春日山窯に師の赤繪細書の...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の製陶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
既に叙述したる江沼郡の古九谷燒・金澤の春日山窯は、その製作する所主として貴族富豪
の鑑賞愛玩に供するにありたるは、もとこれ藩の保護事業にして、庶民日...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
加賀の陶磁器
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
陶窯のみに就いて言ふも、江沼郡の古九谷窯・吉田屋窯・永樂窯、能美郡の若杉窯・小野
窯・蓮大寺窯、金澤の春日山窯・大樋窯等を擧ぐることを得べく、是等の中、獨り大樋窯
が樂燒の系統に屬する外、他は悉く九谷燒の名を以て...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
陶業の復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
山政和曾て治脩が手燒の小礫五枚を藏せしことあり。樂燒に白紬を施し、青華を以て香魚
を描きしものにして、春日山窯開設以前、侯が大樋燒に倣ひその製造を試みたるものなり
と言はる。治脩の意製陶の國産に益あるを知り、之が...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山燒の不成功
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
春日山窯の開かれしは文化四年十一月にして、箕柳碑の文によればその製する所萬七八千
に及べりといへば、頗る盛況な...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
木米の確實なる作品
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然りといへども、木米の春日山窯にて燒きたりといふ所傳の確實なるものは、後世甚だ多
からず。明治中宮崎豐次が龜田家に藏する木米の作品に...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯の頓挫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
春日山開窯の後僅かに二ヶ月にして、文化五年正月十五日金澤城炎上の變あり。これが爲
に藩侯前田齊廣は三年...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
木米の功績
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
托したるに過ぎざるの觀ありて、加賀藩の國策たる興業授産の目的を達せしこと甚だ尠か
りしが如し。然れども春日山窯なるものは、實に百餘年間萎靡不振なりし加賀陶業復興の
端を啓きたるものにして、能美・江沼二郡の各窯之よ...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
越中屋兵吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
越中屋兵吉は香山と號す。寛政二年越中射水郡佐賀村に生まる。文化四年春日山窯に入り
、木米に就きて學び、木米・貞吉の去れる後は、徳右衞門と共に製陶に從事したりしが、
その廢窯するに...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉窯開創に關する誤傳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は、安永八年は彼の十四歳に當るが故に、その誤傳たるべきこと明らかなりとすべく、貞
吉は初め木米に隨ひて春日山窯に在りたるものなるを以て、彼の若杉に移りたるは文化五
年以後ならざるべからざるなり。されば前に言へる如...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
加賀藩の若杉窯保護
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若杉窯が春日山窯と同じく、加賀藩より經費の補助を與へられたることも、亦特に之を注
意せざるべからず。葢し當時の藩制に産...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の陶工 本多貞吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
本多貞橘と書したるものあり。肥前島原の入。寳暦九年を以て生まれ、若くして京に出で
ゝ青木木米に隨從し、春日山窯に來りて製磁に從へりと傳ふるも、二人の關係甚だ明白な
らず。而して文化八年若杉窯の創設せらるゝや、彼は...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
安江屋五十八
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
安江屋五十八も亦五代勘兵衞の弟子なり。五十八は、文政の末年春日山窯に從業せしより
陶歴最も久しかりしを以て、天保・嘉永の系外諸工中に於いて大に尊重せられき。二代太
兵衞そ...