石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るによる。その他、赤地に金彩を施したる金襴手の作品あり。無釉にして雅味あるものも
亦これなきにあらず。春日山燒の白磁青華は、青華の色彩が純粹ならざる藍なると、白磁
の鼠色を帶びたるとにより、穩和にして沈着なる調和...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を得ずして赤味を帶び、間々白きものなきにあらざるも甚だ少し。その青華も肥前の影響
を受け、古九谷燒及び春日山燒に比して鮮麗なり。又呉州赤繪は、初め春日山燒の影響を
受けたるが、後勇次郎の來るに及び、圖案に於いても...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
箕柳碑文中の誤字
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
も彼は坊長にあらざるなり。又津正鄰は津田左近右衞門政隣の初諱にして、文化三年を以
て町奉行となり、大に春日山燒を奬勵したる人とす。政隣自家の記録たる政隣記中に、文
化五年金澤町年寄の具申書を採録す。先の箕柳碑文と...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山燒の不成功
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
春日山窯の開かれしは文化四年十一月にして、箕柳碑の文によればその製する所萬七八千
に及べりといへば、頗...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯の廢滅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
少しく製陶を弄したるに過ぎざるが故に、その兼營する工場の萎靡振はざりしは當然なり
といふべし。かくて、春日山燒の作品に『文化十酉孟冬帝慶山製』と記したるものあり、
又松田平四郎の陶器總録と題する手記に、『文化十年...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
松田馬宋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
挿花には弄愛齋といふといへども、多く馬宋の雅號を以て稱せらる。家世々製筆を以て業
とし、龜田商齋と共に春日山燒の窯元と爲り、その創設より廢止に及べり。彼が餘技とし
て製陶を習ひたることは、同家の由緒に『文化三年丙...